データ接続をプログラムで開閉する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

データ接続をプログラム的に開閉するには、「DataSocketを開く」および「DataSocketを閉じる」関数を使用します。

以下の手順に従って、データ接続をプログラム的に開閉します。

  1. ブロックダイアグラムに「DataSocketを開く」関数を追加します。
  2. psp URLURL入力に配線するか、シェア変数制御器URL入力に配線します。
  3. モード入力を右クリックして、ショートカットメニューから作成→定数を選択します。
  4. モード定数をクリックして、Read (0)、Write (1)、ReadWrite (2)、BufferedRead (3)、またはBufferedReadWrite (4)のいずれかを選択します。DataSocket: モードプロパティを使用すると、プログラム的にデータ接続モードを設定できます。
  5. 以下の関数の1つをブロックダイアグラムに追加し、適切な入力に制御器または定数を作成します。
  6. 「DataSocketを開く」関数の接続ID出力を「DataSocket読み取り」または「DataSocket書き込み」関数の接続入力に配線します。
  7. ブロックダイアグラムに「DataSocketを閉じる」関数を追加します。
  8. 「DataSocket読み取り」または「DataSocket書き込み」関数の接続出力を「DataSocketを閉じる」関数の接続ID入力に配線して、データ接続を閉じます。VIが停止すると接続も閉じられます。
  9. ブロックダイアグラムですべてのエラー入力端子およびエラー出力端子を配線します


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった