実行時にサブVIフロントパネルを開く



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つのフロントパネルに、多くのオプションまたは表示を提供するには制限がある場合があります。この問題を解消するには、トップレベルVIで高レベルオプションを提供し、サブVIで関連オプションを提供するように、VIを整理します。

ヒントまた、タブ制御器を使用してフロントパネルの有用性を向上することができます。

LabVIEWでサブVIが呼び出されると、通常サブVIはフロントパネルを開かずに実行されます。呼び出されるとサブVIの単一のインスタンスでフロントパネルが開くようにする場合、サブVIノード設定ダイアログボックスを使用します。

呼び出されたらサブVIのすべてのインスタンスでフロントパネルが開くようにする場合、VIプロパティダイアログボックスを使用します。

1つのインスタンス

以下の手順に従って、呼び出されたらサブVIフロントパネルの1つのインスタンスを開きます。

  1. ブロックダイアグラムにサブVIを配置します。
  2. サブVIを右クリックし、ショートカットメニューからサブVIノード設定を選択します。
  3. 呼び出されたらフロントパネルを表示および元々閉じていたら実行後に閉じるチェックボックスをオンにします。
  4. OKボタンをクリックします。
  5. トップレベルのVIを実行します。トップレベルVIがサブVIを呼び出すと、サブVIのフロントパネルが表示されます。

すべてのインスタンス

以下の手順に従って、呼び出されたらサブVIのフロントパネルのすべてのインスタンスを開きます。

  1. サブVIをダブルクリックして開き、ファイル→VIプロパティを選択してVIプロパティダイアログボックスを表示します。
  2. カテゴリプルダウンメニューからウィンドウの外観を選択します。
  3. カスタマイズボタンをクリックし、呼び出されたらフロントパネルを表示元々閉じていたら実行後に閉じるチェックボックスをオンにします。
  4. OKボタンをクリックします。
  5. サブVIを保存して閉じます。
  6. トップレベルのVIを実行します。呼び出されると、サブVIのフロントパネルのインスタンスのすべてが開きます。

また、呼び出されたらフロントパネルを表示およびロードされたらフロントパネルを表示プロパティを使用して、フロントパネルをプログラム的に表示することもできます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった