フロントパネルオブジェクトをサブVIからプログラム的に制御する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

以下の手順に従って、サブVIに制御器リファレンスを渡し、その制御器リファレンスを使用して参照される制御器または表示器のプロパティまたはメソッドを変更します。

  1. リファレンスを作成したいメインVIのフロントパネル制御器または表示器を右クリックし、ショートカットメニューから作成→リファレンスを選択します。タイプ指定の制御器リファレンスがマウスカーソルに吸着します。リファレンスをメインVIのブロックダイアグラム上にドロップします。

    また、制御器パレットで制御器Refnumを選択し、サブVIのフロントパネルに配置し、リファレンスオブジェクトと同じタイプのオブジェクトをフロントパネル制御器Refnumシェルに追加して、制御器リファレンスを作成することもできます。これにより、非タイプ指定の制御器リファレンスが作成されます。
  2. 制御器リファレンスを渡すサブVIを開くか、または新規VIを作成します。サブVIのフロントパネルで制御器リファレンスの制御器Refnumの制御器を作成するには、メインVIのブロックダイアグラムからサブVIのフロントパネルに制御器リファレンスをドラッグします。対応する制御器リファレンス端子が、サブVIのブロックダイアグラムに表示されます。
メモ  制御器リファレンスをブロックダイアグラムにドラッグする場合、Refnum制御器を作成するのではなく、制御器と制御器リファレンスをコピーします。
  1. 以下の手順に従って、プロパティノードまたはインボークノードを作成して、制御器リファレンスに関連付けられているフロントパネルオブジェクトのプロパティまたはメソッドを変更します。
    1. VIのブロックダイアグラムにある制御器リファレンスを右クリックします。
    2. 作成→(タイプ名)のプロパティまたは作成→(タイプ名)のメソッドを選択します。表示されたショートカットメニューからプロパティまたはメソッドを選択します。
    3. クリックしてノードをサブVIのブロックダイアグラムに配置します。
    4. プロパティノードまたはインボークノードのリファレンス端子に制御器リファレンスを配線します。プロパティノードまたはインボークノードはメインVIの制御器を参照します。
    また、関数パレットでプロパティノードまたはインボークノードを選択して、ブロックダイアグラムに配置することができます。ノードを右クリックし、プロパティまたはメソッドショートカットメニューからプロパティまたはメソッドを選択します。
  2. 制御器リファレンスを含むサブVIのコネクタペーンの端子を設定します。
  3. メインVI上でブロックダイアグラムにサブVIを追加し、そのサブVIの制御器リファレンス端子に制御器リファレンスを配線します。

サブVIからフロントパネルオブジェクトをプログラム的に制御するサンプルについては、labview\examples\Application Control\VI Server\Control ReferencesディレクトリのControl References VIを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった