バイナリファイルから読み取る



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

以下の手順に従って、倍精度浮動小数点数をバイナリファイルから読み取ります。

  1. バイナリファイルに書き込んで、以下の手順を完了するのに必要な.binファイルを作成します。
  2. ブロックダイアグラムに「バイナリファイルから読み取る」関数を追加します。 

  3. ログデータのデータタイプを「バイナリファイルから読み取る」関数に配線します。
    1. ブロックダイアグラムに数値定数を追加します。

    2. 「バイナリファイルから読み取る」関数のデータタイプ入力に数値定数を配線します。
    3. 0.0を数値定数に入力すると、LabVIEWは、読み取るデータタイプが倍精度浮動小数点数であること認識します。
    配列を「バイナリファイルから読み取る」関数に配線することもできます。
  4. 「バイナリファイルから読み取る」関数のデータ出力を右クリックし、ショートカットメニューから作成→表示器を選択します。
  5. VIを実行します。表示されるダイアログボックスで、 浮動小数点値を持つバイナリファイルを選択します。

コピーを発生させずにバイナリデータを読み込んで、事前に割り当てた配列に配置する方法については、「バイナリファイルから読み取る(事前割り当て)」関数を参照してください。

バイナリ形式で倍精度の配列として保存されている既存ファイルを開き、読み取る方法を示すサンプルについては、labview\examples\File IO\Binary\Simple BinaryディレクトリのSimple Binary Fileプロジェクトを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった