VIからブロックダイアグラムを削除する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

VIを他のコンピュータまたは他のユーザに配布する場合、他のユーザによってVIが編集されないように、ブロックダイアグラムソースコードを削除することができます。また、ブロックダイアグラムをパスワード保護することにより、ユーザがパスワードを入力したときにブロックダイアグラムが表示されるようにすることもできます。しかし、パスワード保護ではブロックダイアグラムを削除するほどの高いセキュリティは提供されません。

メモ  ブロックダイアグラムなしでVIを保存すると、ユーザはVIを他のプラットフォームに移植したり、LabVIEWの新しいバージョンにVIをアップグレードすることができなくなります。

以下の手順に従って、ブロックダイアグラムなしでVIを保存してファイルサイズを縮小し、ユーザがソースコードを変更できないようにします。

  1. ソース配布を作成します
  2. ブロックダイアグラムを確実に削除するには、ソース配布プロパティダイアログボックスのソースファイル設定ページでデフォルトの保存設定を使用チェックボックスをオフにするとともに、ブロックダイアグラムを削除チェックボックスをオンにしてください。
    メモ  コードがコンパイルされていないVIからはブロックダイアグラムを削除することはできません。その他の除外項目ページでコンパイルコードを削除チェックボックスをオンにすると、ソースファイル設定ページのデフォルトの保存設定を使用チェックボックスが選択不可になります。
  3. ソース配布を作成してブロックダイアグラムのないVIのコピーを作成します。
注意  ブロックダイアグラムなしでVIを保存する場合は、元のバージョンのVIに上書きしないでください。別のディレクトリにVIを保存するか、別名でVIを保存してください。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった