VIを実行する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

VIを実行すると、VIに設計した動作が実行されます。ツールバー上の実行ボタンが白い矢印の場合は、VIを実行できます。また、白い矢印は、VIのコネクタペーンを作成した場合にそのVIをサブVIとして使用できることを示します。

ファイル→VIプロパティを選択し、カテゴリプルダウンメニューから実行を選択すると、VIの実行方法を設定することができます。

ブロックダイアグラムでVIを実行するには、次の手順を実行します。

  1. 正しいデータタイプで、すべてのサブVI、関数、およびストラクチャの端子を配線します。
  2. ブロックダイアグラムのツールバーの実行ボタン、連続実行ボタンまたはシングルステップボタンをクリックします。実行ボタンをクリックすると、VIは一度実行されます。VIは、そのデータフローを完了すると停止します。連続実行ボタンを押すと、VIは手動で停止するまで実行し続けます。シングルステップボタンをクリックすると、VIは1ステップずつ実行されます。
メモ  実行を中断ボタンは、VIが現在の反復を完了する前に、VIをすぐに停止します。外部ハードウェアなどの外部リソースを使用するVIを中断すると、リソースが適切にリセットまたは解放されないため状態が不明なままになる可能性があります。この問題を回避するには、停止ボタン付きのVIを設計します。

VIは、以下の方法によりブロックダイアグラムの外でも実行できます。

  • プロジェクトエクスプローラウィンドウでVIを右クリックし、ショートカットメニューから実行を選択して、LabVIEWプロジェクトからVIを実行します。VIのフロントパネルが実行モードで開きます。
  • VIを実行メソッドを使用してVIをプログラム的に実行します。
  • RunVIコマンドライン操作を使用してVIをプログラム的に実行します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった