旧バージョンで保存する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

VI、LabVIEWプロジェクト、プロジェクトライブラリを旧バージョンの形式で保存すると、LabVIEWのアップグレード、および必要に応じてLabVIEWの複数のバージョンでファイルの維持が簡単に行えるようになります。

メモ  LabVIEW旧バージョン形式でパックプロジェクトライブラリを保存するには、パックライブラリ内のファイルを旧バージョン形式で保存し、希望のバージョンのLabVIEWでパックライブラリを再ビルドします。

以下の手順に従って、VI階層、プロジェクトライブラリ、またはLabVIEWプロジェクトを旧バージョンのLabVIEW用に保存します。

  1. VI階層のトップレベルVIの場合は、ファイル→旧バージョン用に保存を選択して旧バージョン用に保存ダイアログボックスを開きます。プロジェクトの場合、プロジェクトエクスプローラウィンドウでファイル→旧バージョン用に保存を選択します。プロジェクトライブラリの場合、プロジェクトエクスプローラウィンドウでライブラリファイルを右クリックし、ショートカットメニューから旧バージョン用に保存を選択するか、プロジェクトライブラリを開いてファイル→旧バージョン用に保存を選択します。
  2. LabVIEWバージョンプルダウンメニューから、VI、LabVIEWプロジェクト、プロジェクトライブラリを保存するLabVIEWのバージョンを選択します。
    メモ  バージョン情報のリストが提供されたLabVIEWツールキットを使用するVI階層、プロジェクト、プロジェクトライブラリを保存する際、ツールキットバージョンフィールドで保存するツールキットのバージョンを選択することができます。
  3. 保存をクリックしてファイルダイアログボックスを表示します。
  4. VI階層、プロジェクト、プロジェクトライブラリの保存先のディレクトリを選択します。
  5. 保存ボタンをクリックします。
    メモ メモ  以前のバージョンのLabVIEW用にパスワード保護されたVIを保存するには、パスワードを入力する必要があります。

VI、プロジェクト、プロジェクトライブラリが旧バージョンで搭載されていない機能が使用されている場合、可能な限りのデータが保存され、変換できないデータに関するレポートが作成されます。旧バージョン用保存で発生した警告ダイアログボックスにレポートが表示されます。

旧バージョン用保存で発生した警告ダイアログボックスで詳細を表示ボタンをクリックすると、ロード/保存時の警告のリストダイアログボックスが開くので各警告の詳細を確認できます。また、無視ボタンをクリックすると、これらの警告を認識でき、概要ダイアログボックスが閉じられます。ロード/保存時の警告のリストファイルへ保存ボタンをクリックし、後で見ることができるように警告をテキストファイルに保存します。

また、保存:旧バージョン用メソッド、旧バージョン用に保存(プロジェクト)メソッド、旧バージョン用に保存(ライブラリ)メソッドを使用して、旧バージョンのLabVIEWのVI、LabVIEWプロジェクト、プロジェクトライブラリの保存をプログラム的に行うことができます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった