コンパイルコードをVIおよび他のファイルタイプから分離する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

以下の理由から、VIからコンパイルコードを分離して、ソースのみのVIを作成します。

  • ソース管理を簡素化する―VI階層またはLabVIEWプロジェクト内のコンパイルコードをすべてのファイルから分離することで、1つのファイルを変更しても同じ階層またはプロジェクト内の他のファイルで未保存の変更が発生しなくなります。こうすることで、変更されたVIを呼び出すすべてのVIをチェックアウトするのではなく、変更したいVIのみをチェックアウトすることができます。
  • ソース管理内のVIを新しいバージョンのLabVIEWにアップグレードする準備をする―ソースのみのVIは、VIをソース管理からチェックアウトせずに、新しいバージョンのLabVIEWにアップグレードすることができます。
  • VIのロード時間を短縮する―ソースのみのVIは、通常のVIよりも速くロードすることができます。この効果を最大化するには、コンパイルコードをVI階層またはプロジェクト内のすべてのファイルから分離してください。

LabVIEWランタイムエンジンを使用してVIをロードまたは実行する予定がある場合は、VIからコンパイルコードを分離しないでください。ランタイムエンジンは、分離されたコンパイルコードが保管されているコンパイルオブジェクトキャッシュにアクセスできないため、これらのVIを実行することができません。ソース管理にチェックインするVI階層をランタイムエンジンで実行する場合は、VIのソース配布を作成してください。

どのファイルからコンパイルコードを分離しますか?

  • デフォルトですべての新規ファイル
    オプションダイアログボックスの環境ページのコンパイルコードを新規ファイルから分離するチェックボックスをオンにします。
  • デフォルトで1つのプロジェクト内のすべての新規プロジェクト項目
    プロジェクトプロパティダイアログボックスのプロジェクトページのコンパイルコードを新規プロジェクト項目から分離するチェックボックスをオンにします。
    メモ メモ  このオプションは、このオプションを選択した後にプロジェクトにファイルを追加しても、コンパイルコードは既存のファイルから分離されません。
  • 1つのプロジェクト内の既存のプロジェクト項目
    プロジェクトプロパティダイアログボックスのプロジェクトページの既存項目をマークするボタンをクリックします。次に、コンパイルコードを分離したいプロジェクト項目を選択します。
  • 1つのVI
    VIプロパティダイアログボックスの一般ページのコンパイルコードをソースファイルから分離するチェックボックスをオンにします。VIのコンパイルコードを含むプロパティを使用して、コンパイルコードを1つのVIからプログラム的に分離することもできます。
  • 1つのプロジェクトライブラリ、LabVIEWクラス、またはXControl
    ファイルのプロパティページのコンパイルコードをソースファイルから分離するチェックボックスをオンにします。また、プロジェクトライブラリのコンパイルコードを含むプロパティを使用することにより、プロジェクトライブラリのコードをオブジェクトキャッシュにプログラム的に保管することもできます。
    メモ メモ  LabVIEWは、実際にはこれらのファイルタイプからコンパイルコードを分離しません。これらのオプションが選択された場合、LabVIEWは、ソースのみのファイルのコードをオブジェクトキャッシュに保管して、ソースのみのVIと同じ効果を得ます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった