カラーボックスの色を設定する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

カラーボックスは、指定された値に対応する色を表示する数値制御器または表示器です。たとえば、カラーボックスを使用すると、範囲外の値などのさまざまな状態を識別できます。カラー値はRRGGBBの形式の16進数で表現します。最初の2桁(RR)は赤のカラー値を制御します。次の2桁(GG)は緑のカラー値を制御します。最後の2桁は青の値を制御します。

以下の手順に従って、カラーボックスの色を設定します。

  1. 操作ツールでカラーボックスをクリックし、カラーパレットを表示します。色の設定ツールでカラーボックスを右クリックしてカラーパレットを表示することもできます。
メモ  色の設定ツールでカラーボックスを右クリックして、最後に選択した色を適用することもできます。
  1. カラーパレットから色を選択します。その代わり、カラーパレットの右下隅の色の選択ボタンをクリックして、オペレーティングシステムのカラーユーティリティを使用して追加のカラーまたはカスタムカラーから選択します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった