制御器にキーボードショートカットを設定する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

制御器にキーボードショートカットを割り当てて、マウスを使用せずにフロントパネルを操作することができます。<Shift>キーや<Ctrl>キーなどの修飾キーをショートカットキーに割り当てることもできます。複数の制御器に同じキーの組み合わせを割り当てることはできません。

LabVIEWは非表示の制御器のキーボードショートカットに反応しません。

以下の手順に従って、制御器のキー操作を設定し、VIの実行中に制御器間をタブで移動するときに特定の制御器をとばすように設定します。

  1. フロントパネル制御器を右クリックしてショートカットから上級→キー操作を選択し、プロパティダイアログボックスのキー操作ページを表示します。また、制御器を右クリックしてショートカットメニューからプロパティを選択し、キー操作タブをクリックすることもできます。配列制御器のキー操作を設定するには、配列の枠を右クリックします。配列要素のキー操作を設定するには、要素を右クリックします。
メモ  表示器にはデータを入力できないため、表示器の上級→キー操作ショートカットメニューは淡色表示になります。
  1. フォーカスセクションのプルダウンメニューで、制御器に割り当てるショートカットキーを選択します。

    <PageUp>、<PageDown>、<Home>、<End>キーをフォーカスセクションでショートカットキーとして割り当てると、そのキーはリストボックスまたはツリー制御器で項目を選択するのに使用できません。
  2. <Shift>キーまたは<Ctrl>キーをキーボードショートカットに含めるには、ShiftキーまたはCtrlキーチェックボックスにチェックマークを付けます。フォーカスプルダウンメニューで<F1>キーや<F2>キーなどのファンクションキーを選択すると、これらのチェックボックスが有効になります。
メモ  (macOS) ファンクションキーを使用したキーボードショートカットは、ファンクションキーがExposéに割り当てられていない場合のみ有効です。macOSでは、LabVIEWは、<VolumeUp>、<VolumeDown>、<F15>~<F24>のファンクションキーをショートカットキーとしてサポートしていません。
  1. VIの実行中に<Tab>キーを使用してユーザが制御器にアクセスできないようにするには、この制御器をとばすチェックボックスをオンにします。
メモ  キーボードの特定のキーが押されたときにイベントを発生させるためにキーダウンイベントを使用することもできます。

キーボートショートカットを割り当てると、キー操作ページのトグルセクションを使用してブール制御器をトグルしたり、キー操作ページの増分および減分セクションを使用して数値、スライド、ノブ、リング、および列挙体制御器の増分および減分を行うことができます。トグルセクションはブール制御器にのみ使用可能で、増分および減分セクションは数値、スライド、ノブ、リング、および列挙体制御器にのみ使用可能です。

また、制御器プロパティを使用して、プログラム的にキーボードのショートカットを制御器に割り当てて、タブの動作を設定することもできます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった