メンバーVIのアクセススコープを設定する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

メンバーVIのアクセススコープを設定して、ユーザによるメンバーVIへのアクセスを制御します。以下の手順に従って、メンバーVIのアクセススコープを設定します。

  1. プロジェクトエクスプローラウィンドウで、変更したいメンバーVIのアクセスのクラスのLabVIEWクラスアイコンを右クリックして、ショートカットメニューからプロパティを選択します。クラスプロパティダイアログボックスが表示されます。
  2. カテゴリリストから項目設定を選択します。
  3. LabVIEWクラスの項目のアクセススコープをカスタマイズするには、項目設定ページの内容リストから項目を選択します。
  4. アクセススコープセクションで、以下のオプションから選択します。
    • パブリック―VIのどれでもサブVIとしてメンバーVIを呼び出すことができます。
    • コミュニティ―同じクラス、クラスのフレンド、またはクラスのフレンドライブラリ内のVIのみが、メンバーVIを呼び出せます。コミュニティメンバーVIにはプロジェクトエクスプローラウィンドウで濃い青の鍵グリフが表示されます。
    • プロテクト―同じクラスまたは派生クラスのVIのみがメンバーVIを呼び出すことができます。プロジェクトエクスプローラウィンドウでは、プロテクトスコープのメンバーVIには黄色いキーグリフが表示されます。
    • プライベート―同じクラスのVIのみがメンバーVIを呼び出すことができます。プロジェクトエクスプローラウィンドウでは、プライベートメンバーVIに赤い鍵グリフが表示されます。
    • 指定しない―このオプションは、フォルダを選択する場合のみ表示されます。フォルダには指定されたアクセス項目がありません。アクセスはパブリックです。
  5. アクセススコープを変更するすべての項目に対して手順3と4を繰り返します。
  6. OKボタンをクリックし、クラスプロパティダイアログボックスを閉じます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった