VIにエラーI/Oを設定する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ほとんどのVIや関数では、エラーI/O情報を得ることができます。この情報は、実行時に発生するブロックダイアグラム上のエラーの場所を識別するのに役立ちます。

以下の手順に従って、VIでエラーI/Oを設定します。

  1. サブVIまたは関数のエラー入力端子を右クリックするか、またはショートカットメニューから作成→制御器を選択して、エラークラスタを作成します。エラークラスタ制御器は、配列、行列&クラスタおよびクラシック配列、行列&クラスタパレットにもあります。
  2. 最初のサブVIまたは関数のエラー出力端子を2番目のサブVIまたは関数のエラー入力端子に配線します。
  3. データフローの最後のサブVIや関数に達するまで、後続のサブVIと関数についてステップ2を繰り返します。
  4. 最後の関数またはサブVIでは、エラー出力パラメータを右クリックして、ショートカットメニューから作成→表示器を選択してエラー表示器を作成します。
  5. VIのコネクタペーンで、エラー入力制御器を端子に配線し、エラー出力表示器を他方の端子に配線します。
メモ  LabVIEWの標準では、エラー入力はコネクタペーンの左下の端子に配線し、エラー出力は右下の端子に配線します。

エラークラスタではなく数値エラーコードでエラーを返すVIや関数もあります。エラー出力の代わりに、エラーまたはエラーコード出力を使用する場合、エラー処理VIをVIに配線します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった