ウィンドウの外観とサイズを設定する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

LabVIEWには、VIのウィンドウの外観、位置、サイズをカスタマイズするためのオプションがあります。これらオプションはスタンドアロンアプリケーションとしてVIを配布する場合に役立ちます。

以下の手順に従って、ウィンドウの外観およびサイズをカスタマイズします。

  1. ファイル→VIプロパティを選択して、VIプロパティダイアログボックスを表示します。
  2. カテゴリプルダウンメニューからウィンドウの外観ウィンドウサイズ、またはウィンドウランタイム位置を選択します。
  3. ここで、適切なウィンドウオプションを選択します。
  4. ウィンドウの外観ページでカスタマイズボタンをクリックし、ウィンドウの外観をカスタマイズダイアログボックスを表示します。このダイアログボックスでは、タイトルバーやメニューバーの表示/非表示、ウィンドウを閉じる/最小化、ショートカットメニューの実行時における表示/非表示、その他のオプションをカスタマイズすることができます。
メモ  実行中にツールバーを表示停止ボタンを表示、およびウィンドウを閉じることをユーザに許可チェックボックスからチェックマークを外す場合は、ユーザがVIを停止できるようにフロントパネルで停止ボタンを追加することを考慮してください。

フロントパネルウィンドウおよびツールバープロパティおよびフロントパネルメソッドを使用して、ウィンドウの外観およびサイズをプログラム的にカスタマイズすることができます。また、フロントパネル:ランタイム位置メソッドを使用して、プログラム的にランタイムフロントパネルウィンドウの位置とサイズをカスタマイズすることもできます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった