VIのシングルステップ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

VIをシングルステップで実行すると、ブロックダイアグラム上で実行される各動作を確認することができます。シングルステップボタンは、シングルステップモードのVIまたはサブVIの実行にのみ影響します。サブVIは、シングルステップを実行するか、または通常どおりに実行できます。

以下の手順に従って、VIでシングルステップを実行します。

  1. ブロックダイアグラムのツールバーにあるシングルステップ開始ボタンをクリックします。
  2. 以下のボタンの1つをクリックします。

     中に入る―ノードを開いて、実行を一時停止します。再度中に入るボタンをクリックすると、サブVIまたはストラクチャの最初の動作が実行され、次の動作で一時停止します。この操作は<Ctrl>キーと下矢印キーを押して行うこともできます。(macOS) <Command>-下矢印キーを押します。(Linux) <Alt>-下矢印キーを押します。

     飛び越える―ノードを実行して、次のノードで一時停止します。この操作は、<Ctrl>キーと右矢印キーを押して行うこともできます。(macOS) <Command>-右矢印キーを押します。(Linux) <Alt>-右矢印キーを押します。

    外に出る―現在のノードの実行を終了して、一時停止します。VIの実行が終了すると、外に出るボタンが淡色表示になります。この操作は<Ctrl>キーと上矢印キーを押して行うこともできます。(macOS) <Command>-上矢印キーを押します。(Linux) <Alt>-上矢印キーを押します。

    VIでシングルステップを実行すると、ノードが点滅して、それらのノードが実行できる状態であることを示します。

    メモ メモ  (MathScript RTモジュール)VIにMathScriptノードが含まれている場合、スクリプトのラインの横で点滅している青い矢印はそれらのスクリプトのラインが実行できる状態であることを示します。

    飛び越える中に入る、または外に出るボタン上にカーソルを移動して、そのボタンをクリックすると、次のステップの説明が記述されているヒントラベルが表示されます。実行のハイライトが有効の状態でVIでシングルステップを実行すると、現在実行中のサブVIのアイコン上に実行グリフが表示されます。

  3. 点滅している境界線によってブロックダイアグラム全体が囲まれている場合、外に出るボタンをクリックすることで、シングルステップの実行を終了します。シングルステップの実行がアクティブでなくなると、ステップ実行ボタンは淡色表示になります。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった