実行を中断する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

制御器や表示器の値を編集したり、発呼者に返すまでの実行回数を制御したり、また、サブVIの実行開始時点に戻ったりするには、サブVIの実行を中断します。実行を中断した状態でサブVIへのすべての呼び出しを開始したり、サブVIへの特定の呼び出しを中断することができます。

以下の手順に従って、サブVIに対するすべての呼び出しを中断します。

  1. サブVIを開きます。
  2. 操作→呼び出されたら中断を選択します。

他のVIがそのVIを呼び出すと、サブVIは自動的に中断されます。シングルステップの実行中にこのメニュー項目を選択した場合は、サブVIはすぐには中断されません。サブVIは呼び出されると中断されます。

参照→VI階層を選択する場合、呼び出されると中断するように構成されたVIは、緑のエクスクラメーションマーク(!)付きで表示されます。中断されたVIには、赤いエクスクラメーションマークが表示されます。

以下の手順に従って、特定のサブVI呼び出しにおいて実行を中断します。

  1. 項目を右クリックし、ショートカットメニューから サブVIノード設定を選択します。サブVIノード設定ダイアログボックスが表示されます。
  2. 呼び出されたら中断チェックボックスをオンにし、OKをクリックします。

また、呼び出されたら中断プロパティを使用して、プログラム的にVIを中断することもできます。

サブVIの実行を中断すると、以下の作業を実行できます。

  • 発呼者VIに戻るには、サブVIのフロントパネルの左上にある発呼者へ戻るボタンをクリックします。発呼者へ戻るボタンは、中断されたサブVIが実行中でない場合に表示されます。現在のVIを実行せずに発呼者VIに戻ることができる点に注目してください。現在のVIを実行する場合は、発呼者へ戻る前に 実行ボタンをクリックします。
  • 発呼者VIに戻る前に、必要な回数だけサブVIを実行します。実行ボタンをクリックするか、操作→実行を選択します。サブVIの実行の最初に戻るには、サブVIのブロックダイアグラムの左上にある最初へスキップボタンをクリックします。
  • 発呼者VIに異なる値を返したい場合は、制御器または表示器の値を変更します。表示器の値は、中断されたVIが実行中でない場合のみ設定できます。サブVIの表示器の値を発呼者VIに送信するには、サブVIのフロントパネルの左上にある発呼者へ戻るボタンをクリックします。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった