refnum制御器の種類



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

LabVIEWにはRefnumパレットに以下のrefnum制御器があります。

.NET Refnum―このrefnumを使用して、.NETコンストラクタを選択ダイアログボックスを開き、GAC(Global Assembly Cache)でアセンブリを選択するか、プライベートアセンブリへ移動します。
アプリケーションRefnum―VIサーバで使用します。LabVIEWアプリケーションのリファレンスを開き、そのリファレンスを別のVIにパラメータとして渡す場合は、このrefnum制御器を使用します。このrefnumをVIサーバに渡すことによって、アプリケーションの動作を制御し、プロパティを読み取ることができます。

アプリケーションのrefnum制御器を右クリックし、ショートカットメニューからVIサーバクラスを選択を選択して、制御器(アプリケーション、VI、制御器または表示器、またはタイプ指定VI)のデータタイプを変更できます。

制御器をアプリケーションrefnumにドラッグアンドドロップして、参照する制御器のタイプを指定することができます。
オートメーションRefnumActiveX関数で使用します。ActiveXサーバオブジェクトのリファレンスを開き、それを別のVIにパラメータとして渡す場合はこのタイプのrefnumを使用します。refnumのタイプを指定するには、これを右クリックしてショートカットメニューから ActiveXのクラスを選択→参照を選択してタイプライブラリからオブジェクトを選択ダイアログボックスを表示し、使用可能なActiveXサーバアプリケーションのリストを参照します。
Bluetoothネットワーク接続RefnumBluetooth VIおよび関数で使用します。Bluetoothデバイスへの接続を開始するには、このタイプのrefnumを使用します。
バイトストリームファイルRefnum―テキストまたはバイナリバイトストリームファイルで使用します。あるVIでファイルを開くかまたは作成し、別のVI内でそのファイルに対してI/O操作を実行する場合は、このタイプのrefnumを使用します。I/O操作を実行するVIのフロントパネル上にはrefnum制御器、ファイルを開くかまたは作成するVIのフロントパネル上にはrefnum表示器が必要です。
制御器Refnum―VIサーバで使用します。フロントパネルの制御器または表示器のリファレンスを開き、そのリファレンスを別のVIにパラメータとして渡す場合は、このrefnum制御器を使用します。このrefnumをVIサーバに渡すことによって、制御器の動作とプロパティを制御することができます。

制御器を右クリックし、ショートカットメニューからVIサーバクラスを選択を選択して、制御器(アプリケーション、VI、制御器または表示器、またはタイプ指定V)のデータタイプを指定できます。

refnumをアイコンとして表示させるには、フロントパネル上で制御器refnumを右クリックし、ショートカットメニューからアイコンを表示を選択します。refnumを制御器として表示するには、フロントパネル上でrefnumを右クリックし、ショートカットメニューから制御器を表示を選択します。その制御器は表示専用です。

いずれかの制御器を制御器refnumにドラッグアンドドロップすると、それが参照する制御器のタイプを指定することができます。
データログファイルRefnumデータログファイルで使用します。データログファイルは固有のストラクチャを持つため、データログファイルRefnumはrefnumおよびファイルタイプの記述を呼び出し側のVIとの間でやり取りします。ファイルのストラクチャを定義するには、refnum内に制御器を配置します。数字を含んでいるファイルについては、数字を含んでいるデータログrefnumを作成します。ファイルの各レコードが1組の数字を含んでいる場合は、refnum内にクラスタを配置し、クラスタ内に2つの数値制御器を配置します。

制御器をデータログファイルrefnumにドラッグアンドドロップして、そのデータログファイルのデータタイプを指定することができます。
DataSocket RefnumDataSocket関数で使用します。データ接続のリファレンスを開き、それを別のVIにパラメータとして渡す場合は、このタイプのrefnumを使用します。refnumのタイプを指定するには、右クリックして、ショートカットメニューからDataSocketクラスを選択を選択してDataSocketクラスに移動します。
イベントコールバックRefnum―イベントコールバックの登録解除や再登録する場合に使用します。このrefnumを使用して、イベントコールバックの登録をサブVIに渡すこともできます。
IrDAネットワーク接続RefnumIrDA関数で使用します。IrDAデバイスへの接続を開始する場合は、このタイプのrefnumを使用します。
メニューRefnumメニュー関数で使用します。サブVIにVIメニューリファレンスを渡す場合は、このタイプのrefnumを使用します。
オカーレンスRefnumオカーレンス関数で使用します。1つのVIでオカーレンスを作成し、別のVI内でそのオカーレンスを設定または待機する場合は、このタイプのrefnumを使用します。
TCPネットワーク接続RefnumTCP VIおよび関数で使用します。1つのVIでネットワーク接続を開き、別のVI内のネットワーク接続でI/O操作を実行する場合は、このタイプのrefnumを使用します。
UDPネットワーク接続RefnumUDP VIおよび関数で使用します。UDPソケットを識別したい場合にこのタイプのrefnumを使用します。サブVIがUDPソケットを使用できるように、UDPソケットリファレンスを渡すことができます。
VI Refnum―VIサーバで使用します。VIのリファレンスを開き、そのリファレンスを別のVIにパラメータとして渡す場合は、このrefnum制御器を使用します。このrefnumをVIサーバに渡すことによって、VIの動作およびプロパティを制御することができます。

VI refnum制御器を使用して、1つのVIから別のVIにVI refnumを渡します。「VIリファレンスを開く」関数は、VIにタイプ指定されたリファレンスが必要な場合に、タイプ識別子入力としてタイプ指定(VI)refnum制御器を必要とします。この場合、refnum制御器の値は重要ではありません。関数はタイプだけを使用します。

制御器をVI refnumにドラッグアンドドロップすると、参照する制御器のタイプを指定することができます。

以下のrefnumはRefnumパレットにはありません。

  • 構成データRefnum―VIの構成ファイルを開いて別のVIへ読み書きしたい場合、構成ファイルVIで使用します。

    構成ファイルVIのrefnum入力端子を右クリックして、ショートカットメニューから作成→制御器を選択して、このrefnum制御器を作成します。構成データrefnum制御器を作成しても、構成データリファレンスは作成されません。構成データリファレンスを作成するには、「構成データを開く」VIを使用する必要があります。
  • IMAQセッションRefnum―画像集録VIで使用します。
  • Motion RefnumNI SoftMotion VIおよび関数で使用します。
  • ノーティファイアRefnum―同じブロックダイアグラムの別の部分または同じコンピュータで実行中の別のVIからデータを受け取るまで、ブロックダイアグラムの実行を中断したい場合、ノーティファイア操作関数で使用します。

    ノーティファイア操作関数のrefnum入力端子を右クリックして、ショートカットメニューから作成→制御器を選択して、このRefnum制御器を作成します。ノーティファイアrefnum制御器を作成しても、ノーティファイアリファレンスは作成されません。「ノーティファイア取得」関数を使用して、ノーティファイアリファレンスを作成してください。

    Refnumをアイコンとして表示するには、フロントパネル上でノーティファイアRefnumを右クリックし、ショートカットメニューからアイコンを表示を選択します。refnumを制御器として表示するには、フロントパネル上でrefnumを右クリックし、ショートカットメニューから制御器を表示を選択します。その制御器は表示専用です。

    いずれかの制御器をノーティファイア出力refnumにドラッグアンドドロップすると、そのノーティファイアのデータタイプを指定することができます。
  • キューRefnum―後で個々の要素またはデータ要素全体の配列として取り出すことができるようにキューにデータを格納する場合、キュー操作関数で使用します。

    「キュー操作」関数のrefnum入力端子を右クリックし、ショートカットメニューから作成→制御器を選択して、このrefnum制御器を作成します。キューrefnum制御器を作成しても、キューリファレンスは作成されません。「キュー取得」関数を使用して、キューリファレンスを作成してください。

    Refnumをアイコンとして表示させるには、フロントパネル上でキューRefnumを右クリックし、ショートカットメニューからアイコンを表示を選択します。refnumを制御器として表示するには、フロントパネル上でrefnumを右クリックし、ショートカットメニューから制御器を表示を選択します。その制御器は表示専用です。

    いずれかの制御器をキューRefnumにドラッグアンドドロップすると、そのキューのデータタイプを指定することができます。
  • ランデブーRefnum―1つのVIでランデブーを作成し、別のVIでランデブーを待機したい場合、ランデブーVIで使用します。

    ランデブーVIのrefnum入力端子を右クリックし、ショートカットメニューから作成→制御器を選択して、このRefnum制御器を作成します。ランデブーRefnum制御器を作成しても有効なランデブーリファレンスは作成されません。ランデブーリファレンスを作成するには、「ランデブー生成」VIを使用する必要があります。
  • セマフォRefnum―並行に実行している状態で同じVIの2つのVIまたは2つのセクションを回避する場合、セマフォVIを一緒に使用します。

    セマフォVIのrefnum入力端子を右クリックし、ショートカットメニューから作成→制御器を選択して、このRefnum制御器を作成します。セマフォRefnum制御器を作成しても有効なセマフォリファレンスは作成されません。セマフォのリファレンスを作成するには、「セマフォリファレンス取得」VIを使用する必要があります。
  • シェア変数Refnum変数プロパティで使用して、シェア変数をプログラム的に構成します。

    変数リファレンスプロパティの変数リファレンス出力を右クリックし、ショートカットメニューから作成→制御器を選択して、このRefnum制御器を作成します。
  • TDMSファイルRefnumTDMストリーミングVIおよび関数を使用して、バイナリ計測ファイル(.tdms)に波形と波形プロパティの読み取りおよび書き込みを行います。

    TDMS読み取り」関数のTDMSファイル入力を右クリックし、ショートカットメニューから作成→制御器を選択して、このrefnum制御器を作成します。TDMSファイル制御器を作成しても、TDMSファイルリファレンスは作成されません。TDMSファイルリファレンスを作成するには、「TDMSを開く」関数を使用する必要があります。
  • データ値Refnum―LabVIEWコンパイラでデータ値をコピーしてメモリでこれらの値を管理する必要条件なしでデータ値を操作したい場合は、In Place要素ストラクチャを使用します。

    In Place要素ストラクチャのデータ値リファレンス出力を右クリックして、このrefnum制御器を作成します。データ値refnum制御器を作成しても、データ値リファレンスは作成されません。データ値リファレンスを作成するには、「新規データ値リファレンス」関数を使用する必要があります。

    refnumをアイコンとして表示させるには、フロントパネル上でデータ値refnumを右クリックし、ショートカットメニューからアイコンを表示を選択します。refnumを制御器として表示するには、フロントパネル上でrefnumを右クリックし、ショートカットメニューから制御器を表示を選択します。その制御器は表示専用です。
  • 外部データ値Refnum―外部データ値を、LabVIEWでコピーを作成することなく使用するにいは、In Place要素ストラクチャでこのrefnumを使用します。外部データ値refnum制御器を作成しても、外部データ値リファレンスは作成されません。外部データ値リファレンスは、外部データ値リファレンスをサポートするデバイスドライバから取得する必要があります。

    データ値リファレンスを外部データ値リファレンスに変更するには、データ値リファレンスを右クリックし、ショートカットメニューから外部を選択します。また、外部?プロパティを使用して、データ値リファレンスを外部データ値リファレンスにプログラム的に変更することもできます。

    refnumをアイコンとして表示させるには、フロントパネル上で外部データ値refnumを右クリックし、ショートカットメニューからアイコンを表示を選択します。refnumを制御器として表示するには、フロントパネル上でrefnumを右クリックし、ショートカットメニューから制御器を表示を選択します。その制御器は表示専用です。
  • 変数Refnumシェア変数関数と変数プロパティおよびメソッドと使用して、プログラム的にシェア変数の検索、読み取り、および書き込みを行います。

    シェア変数のシェア変数refnum入力入力端子を右クリックして、このrefnum制御器を作成します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった