プローブツールを使用する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

VI実行中にワイヤ上の中間値を確認するには、プローブツールを使用します。一連の操作を含む複雑なブロックダイアグラムがあり、それらの操作のいずれかが不正確なデータを返す可能性がある場合、プローブツールを使用します。プローブツールを実行のハイライトシングルステップブレークポイントと共に使用して、不正なデータの有無および不正なデータのある位置を確認することができます。プローブは最新のデータですぐにアップデートされ、実行のハイライト、シングルステップ、ブレークポイントでの一時停止においてデータを表示します。シングルステップまたはブレークポイントによって実行がノードで一時停止している場合、実行されたばかりのワイヤをプローブして、そのワイヤを通過した値を確認することもできます。

カスタムプローブを作成したり、既定のプローブを使用したり、プローブされたデータを参照するのに表示器を使用することができます。

(MathScript RTモジュール)LabVIEW MathScriptプローブを使用してMathScriptノードのスクリプトにあるデータをVIの実行中に表示できます。

以下の手順に従って、プローブツールを使用します。

  1. (オプション)最後のVIの実行でワイヤを通過したデータをプローブで表示する場合、ブロックダイアグラムでワイヤ値を保持オプションを使用します。
  2. ワイヤを右クリックして、ショートカットメニューからプローブを選択するか、カスタムプローブを選択して、ショートカットメニューからプローブを選択します。既定のプローブをまだ選択していない場合、またはカスタムプローブを作成した場合は、labview¥vi.lib¥_probes¥defaultlabview¥user.lib¥_probes¥defaultディレクトリを検索して、右クリックしたワイヤのデータタイプと一致するプローブを検出します。カスタムプローブまたはデフォルトプローブを選択した後、そのプローブはそのデータタイプのデフォルトプローブとなります。

    プローブ監視ウィンドウが表示されます。LabVIEWは、プローブ監視ウィンドウのプローブの一覧を表示して自動的に番号付けし、クリックしたワイヤ上のグリフに同じ番号を表示します。

    また、プローブツールを使用してワイヤをクリックするか、表示→プローブ監視ウィンドウを選択して、プローブ監視ウィンドウを表示することもできます。
  3. (オプション)データが変更されることが予想される場合、VIのその他のワイヤまたはオブジェクト上に複数のプローブを配置します。必要に応じてプローブ監視ウィンドウを移動します。
  4. VIを実行します。プローブ監視ウィンドウの右側にあるサブパネルに、ワイヤ上で渡されたデータが表示されます。サブパネルで表示するデータでプローブを選択します。プローブを個別のプローブウィンドウで開くには、プローブ監視ウィンドウのプローブを右クリックし、ショートカットメニューからウィンドウを開くを選択します。または、プローブを選択し、プローブ監視ウィンドウツールバーにある独立プローブウィンドウを開くボタンをクリックします。
  5. (オプション) ブロックダイアグラムからプローブワイヤの値を表示するサブパネルまたはウィンドウを検出するには、プローブに関連付けられたワイヤを右クリックして、ショートカットメニューからプローブを検索を選択します。赤い枠線でプローブウィンドウのサブパネルがハイライトされます。
  6. サブパネルまたはプローブウィンドウに表示されるデータと予測値を比較します。
  7. プローブを閉じるには、プローブ監視ウィンドウでプローブまたはそのプローブが属しているVIを右クリックして、ショートカットメニューから削除を選択します。プローブ監視ウィンドウでプローブを選択し、プローブ監視ウィンドウツールバーで選択されたプローブを削除ボタンをクリックします。複数のプローブを選択したり、プローブが属しているVIを選択してそのVIのすべてのプローブを削除することができます。

    プローブ監視ウィンドウまたはブロックダイアグラムを閉じると、すべてのプローブが自動的に閉じます。

プローブ監視ウィンドウを使用してデータを変更することはできません。カスタムプローブはオプションとしてブレークポイントとして機能する点を除いて、プローブはVIの実行に影響しません。

メモ  カスタムプローブの使用についてのヘルプをユーザに提供したい場合、LabVIEWはデータがワイヤを通過する際しかプローブを実行しないため、ヘルプボタンはプローブに配置しないでください。その代わりに、プローブのフロントパネルにテキストを追加するか、フロントパネルの各制御器に説明とヒントを追加してください。プローブ全体のヘルプを提供するには、タブ制御器上またはクラスタ内の制御器を配置して、タブ制御器またはクラスタの説明とヒントを追加することを検討してください。

以下の3つのオプションは、プローブ監視ウィンドウプローブ表示サブパネルまたはプローブウィンドウのデータを右クリックした際に表示されるショートカットメニューで利用できます。

  • デフォルト値に戻すプローブウィンドウに表示される値をデフォルト値にリセットします。
  • データをコピー―同じVIまたは他のVIのその他の制御器に構文解析するデータをコピーします。このオプションは、プローブ監視ウィンドウのプローブを右クリックすると表示されるショートカットメニューでも使用できます。
  • ワイヤを検索―関連するワイヤを検出します。LabVIEWはそのワイヤを含むブロックダイアグラムを手前に表示して、ワイヤをハイライトします。このオプションは、プローブ監視ウィンドウのプローブを右クリックすると表示されるショートカットメニューでも使用できます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった