プログラムでライブデータを書き込む



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

ライブデータをプログラム的に書き込むと、プロジェクトの外にあるVIから更新ライブデータを送信したり、データ接続プロパティを制御、表示したり、VIのフロントパネルにデータを表示せずに他のVIに更新ライブデータを送信したり、フロントパネルからデータを書き込む場合に発生する恐れがあるデータの損失を回避することができます。

(Real-Time、Windows) ブロックダイアグラムでライブデータを書き込むには、シェア変数ノードを使用することを推奨します。

以下の手順に従って、プログラム的にライブデータを書き込みます。

  1. ブロックダイアグラムに「DataSocket 書き込み」関数を追加します。

  2. psp URLを指定するか、「DataSocket書き込み」関数の接続入力シェア変数制御器を配線します。
  3. 書き込むデータを、「DataSocket書き込み」関数のデータ入力に配線します。他のアプリケーションがライブデータを読み取る場合、データをバリアントデータに変換します
  4. VIを実行するか、または連続実行して、最新ライブデータをデータ接続に書き込みます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった