バイナリファイルに書き込む



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

以下の手順に従って、倍精度浮動小数点数をバイナリファイルに書き込みます。

  1. ブロックダイアグラムに「バイナリファイルに書き込む」関数を追加します。

  2. バイナリファイルに書き込むデータを配線します。
    1. ブロックダイアグラムに数値定数を追加します。
    2. 「バイナリファイルに書き込む」関数のデータ入力に数値定数を配線します。
    3. 数値定数に1.23と入力します。数値定数の表現が倍精度浮動小数点数に変換されます。
    配列をバイナリファイルに配線することもできます。
  3. VIを実行します。
  4. 表示されるダイアログボックスで、number.binなど、ファイルの名前を作成します。LabVIEWはファイル入力によって指定されたディレクトリにファイルを作成し、ファイルに倍精度浮動小数点数を保存します。

バイナリファイルに書き込んだら、バイナリファイルを読み取ることができます。

「バイナリに書き込む」関数が倍精度浮動小数点値の配列をバイナリファイルへどのように書き込むかを示すサンプルについては、labview\examples\File IO\Binary\Simple BinaryディレクトリにあるSimple Binary Fileプロジェクトを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった