VISA上級VIおよび関数



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: VISA VIおよび関数

インストールパッケージ: ベース開発システム。このトピックは、使用しているオペレーティングシステム、ライセンス取得製品、ターゲットによっては、LabVIEWのパレットに一致しない可能性があります。

VISA上級VIおよび関数を使用して、上級VISAタスクを実行します。

このパレットにあるVIおよび関数は、VISAエラーコードを返します。

パレットオブジェクト説明
VISAタイムアウト設定VISAセッションのタイムアウト値をミリ秒で設定します。
VISAファイルデータを書き込むファイル名で指定されたファイルからデータを取得し、そのデータをデバイスに同期的に書き込みます。
VISAプロパティノードリファレンス取得(読み取り)および設定(書き込み)またはそのどちらかのプロパティです。このノードは、標準のプロパティノードと同様に動作します。
VISAリソース検索システムをクエリして、指定されたインタフェースに関連付けられたデバイスを検索します。
VISAロック解除VISA非同期ロック」関数を使用して、以前取得されたロックを放棄します。
VISAを開くVISAリソース名によって指定されたデバイスに対してセッションを開き、そのデバイスの他の操作を呼び出すのに使用できるセッション識別子を返します。
VISAを閉じるVISAリソース名で指定されたデバイスセッションまたはイベントオブジェクトを閉じます。
VISA読み取りファイルに保存バイトカウントを同期的に読み取り、転送されたデータをファイル名で指定されたファイルに保存します。
VISA非同期ロックVISAリソース名で指定されたデバイスまたはインタフェースへのアクセスの非同期的確立を試みます。この関数を使用して、デバイスまたはリソースに排他的にアクセスできます。
プロパティノードリファレンス取得(読み取り)および設定(書き込み)またはそのどちらかのプロパティです。ローカルまたはリモートのアプリケーションインスタンス、VI、オブジェクトのプロパティとメソッドを取得または設定するには、プロパティノードを使用します。プロパティノードを使用してLabVIEWクラスのプライベートデータにアクセスすることもできます。


サブパレット説明
イベント処理VIおよび関数イベント処理VIおよび関数を使用して、計測器でVISAイベントを使用します。
バス/インタフェース特有関数バス/インタフェース専用関数を使用して、インタフェース専用の計測器プログラムを作成します。
レジスタアクセス関数レジスタアクセス関数を使用して、上位レベルのアドレス空間にプログラムを作成します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった