VISAリソース名制御器



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

VISAリソース名制御器を使用して、VISAセッションを開いて、そのセッションとクラスを保持するリソースを指定します。VISAセッションは、リソースとの通信にVISAが使用する固有の論理識別子です。VISAセッションはVISAリソース名制御器によって管理されるので、ユーザからは見えません。VISAリソース名出力は、VISAの関数から渡されるリソース名のコピーです。リソース名を関数またはVI間で渡すことによって、関数およびVIを一緒に配線し、簡単にデータフロープログラミングを行うことができます。これはファイルI/O関数が使用するファイルRefnumに似ています。

以下の表は、VISAリソース名文字列の構文を示します。オプションのパラメータは角括弧([ ])で囲まれています。

インタフェース構文クラス
VXI INSTRVXI[ボード番号]::VXI論理アドレス[::INSTR] Instr;
VXI/GPIB-VXI MBD Instr;
VXI/GPIB-VXI/VME RBD Instr
VXI MEMACCVXI[ボード番号]::MEMACC VXI/GPIB-VXI/VME MemAcc
VXI BACKPLANEVXI[ボード][::VXI論理アドレス]::BACKPLANE VXI/GPIB-VXI Backplane
VXI SERVANTVXI[ボード]::SERVANT VXI Servant
GPIB-VXI INSTRGPIB-VXI[ボード番号]::VXI論理アドレス[::INSTR] VXI/GPIB-VXI MBD Instr;
VXI/GPIB-VXI/VME RBD Instr
GPIB-VXI MEMACCGPIB-VXI[ボード番号]::MEMACC VXI/GPIB-VXI/VME MemAcc
GPIB-VXI BACKPLANEGPIB-VXI[ボード][::VXI論理アドレス]::BACKPLANE VXI/GPIB-VXI Backplane
GPIB INSTRGPIB[ボード番号]::1次アドレス[::GPIB 2次アドレス][::INSTR] GPIB Instr
GPIB INTFCGPIB[ボード]::INTFC GPIB BoardInterface
GPIB SERVANTGPIB[ボード]::SERVANT なし
PXI INSTRPXI[バス]::デバイス[::関数][::INSTR] PXI Instr
PXI INSTRPXI[インタフェース]::[バス]デバイス[::関数][::INSTR] PXI Instr
PXI MEMACCPXI[インタフェース]::MEMACC PXI MemAcc
Serial INSTRASRL[ボード番号][::INSTR] Serial Instr
TCPIP INSTRTCPIP[ボード]::ホストアドレス[::LANデバイス名][::INSTR] TCP/IP Instr
TCPIP SOCKETTCPIP[ボード]::ホストアドレス::ポート::SOCKET TCP/IP Socket
USB INSTR USB[ボード]::manufacturer ID::model code::serial number[::USB インタフェース番号][::INSTR] USB Instr
USB RAW USB[ボード]::manufacturer ID::model code::serial number[::USB インタフェース番号]::RAW USB Raw

VXIキーワードは、埋め込みコントローラまたはMXIbusコントローラを介してVXI計測器に使用します。GPIBキーワードは、GPIBデバイスとの通信の確立に使用します。GPIB-VXIキーワードはGPIB-VXIコントローラに使用します。ASRLキーワードは非同期シリアルデバイス(RS232など)との通信の確立に使用します。

INSTRキーワードはタイプINSTRのVISAリソースを指定します。

以下の表は、オプションの文字列セグメントのデフォルト値を示します。

オプションの文字列セグメントデフォルト値
ボード0
GPIB 2次アドレスなし
LANデバイス名inst0
PXI-関数0
USB インタフェース番号最下位番号付き関連インタフェース

以下の表はアドレス文字列の例を示します。

アドレス文字列説明
VXI0::1::INSTRVXIインタフェースVXI0における論理アドレス1のVXIデバイス。
GPIB-VXI::9::INSTRGPIB-VXI制御システムにおける論理アドレス9のVXIデバイス。
GPIB::1::0::INSTRGPIBインタフェース0における1次アドレス1、2次アドレス0のGPIBデバイス。
ASRL1::INSTRインタフェースASRL1に接続されているシリアルデバイス。
VXI::MEMACCVXIインタフェースへのボードレベルレジスタアクセス。
GPIB-VXI1::MEMACCGPIB-VXIインタフェース番号1へのボードレベルレジスタアクセス。
GPIB2::INTFCGPIBインタフェース2用のインタフェースまたは未処理のリソース。
VXI::1::BACKPLANEデフォルトのVXIシステム上のシャーシ1用メインフレームリソースで、インタフェース0。
GPIB-VXI2::BACKPLANEGPIB-VXIインタフェース2の、デフォルトのシャーシのメインフレームリソース。
GPIB1::SERVANTGPIBインタフェース1のサーバント/デバイス側のリソース。
VXI0::SERVANTVXIインタフェース0のサーバント/デバイス側のリソース。
TCPIP0::1.2.3.4::999::SOCKET指定されたIPアドレスにおけるポート999への未処理TCP/IPアクセス。
TCPIP::dev.company.com::INSTR指定されたアドレスに位置するVXI-11使用のTCP/IPデバイス。デフォルトのLANデバイス名inst0を使用します。
PXI::15::INSTRバス0上のPXIデバイス番号15。
PXI0::2-12.1::INSTRPXIバス番号2(関数1でデバイス12)。
PXI0::MEMACCPXI MEMACC セッション。
visa://hostname/resource指定したリモートシステム上のリソース。ホスト名は、IPアドレス(ドット表記形式)またはネットワークマシン名として表示されます。このリモートシステムは、クライアントシステム上で明白に構成する必要はありません。
USB::0x1234::125::A22-5::INSTR製造番号ID 0x1234、モデルコード125、およびシリアル番号A22-5のUSBテスト&計測クラスデバイスです。これは、最初に有効なデバイスのUSBTMCインタフェースを使用します。通常、これは番号0です。
USB::0x5678::0x33::SN999::1::RAW製造番号ID 0x5678、モデルコード0x33、およびシリアル番号SN999の未処理USBクラスなしデバイスです。これは、デバイスのインタフェース番号1を使用します。

デフォルトでは、VISAリソース名制御器はInstrクラスに設定され、このクラスは開かれるセッションのクラスとも対応します。編集モードのときに制御器を右クリックしてショートカットメニューから別のクラスを選択することにより、クラスタイプを変更できます。

VISA関数は、その関数に配線されるVISAリソース名のクラスによって異なります。各関数に有効なクラスは『NI-VISA ヘルプ』に記載されています。たとえば、レジスタアクセス下位レベルレジスタアクセスのパレット上の関数は、GPIB InstrまたはSerial InstrクラスのVISAセッションを受け入れません。

メモ  イベントクラスに設定されている場合にのみリソース名を「VISAを閉じる」関数およびプロパティノードに配線できます。

セッションのクラスを受け入れない関数にVISA リソース名制御器を配線した場合や異なるクラスの2つのリソース名を配線した場合、ブロックダイアグラムは実行されず、クラスの競合エラーが報告されます。

メモ メモ   VISA名前制御器と定数はすべてのプラットフォームで使用できます。ただし、プラットフォームがサポートしていないデバイスのリソース文字列を含む名前制御器があるVIを実行しようとすると、エラーが発生します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった