BMPファイルに書き込む VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

1つ上のパレット: グラフィック形式VI

インストールパッケージ: ベース開発システム

Windowsビットマップファイルに書き込みます。

ピックスマップをファイルに書き込む場合、このVIを使用する前に「ピックスマップを平坦化」VIを使用して、データを画像データクラスタに変換します。ピクチャをファイルに書き込む場合、このVIを使用する前に、「ピクチャからピックスマップに変換」VIを使用して、データを画像データクラスタに変換します。

BMPファイルパス入力 は、書き込むビットマップファイルへのパスと名前を指定します。 パスを指定しないと、ファイルを参照するためのファイルダイアログボックスが表示されます。
画像データは、描画または操作する画像を示します。 このVIに32ビット画像データを配線すると、VIは24ビットピックスマップを返します。
画像タイプは、将来の使用に備えて予約されています。
画像深度は、画像のカラー深度を指定します。これは、画像の各ピクセルの色を表示するために使用するビット数です。有効な値は、1ピクセルあたり148、および、24ビットです。 画像深度は、LabVIEWでの画像およびの値の解釈方法に影響します。
画像は、ラスター順で画像にある各ピクセルの色を表すバイトの配列です。画像深度の値は、LabVIEWでのこの入力値の解釈方法を指定します。 画像深度24の場合、各ピクセルは3バイトで色を表示します。各ピクセルの最初のバイトは赤の値、2番目のバイトは緑の値、3番目の値は青の値を示します。

画像深度8の場合、各ピクセルは1バイトで色を表示します。各バイトの値はの要素に対応します。この色は、最上位バイトが0で、次に赤・緑・青の値の順に表される32ビットRGB値を格納します。有効な値は0から255です。

画像深度4の場合、0から15を含む画像の有効値を除いて、画像深度8の場合と似た動作になります。

画像深度1の場合、画像の0の値はすべての要素0に対応します。その他のすべての値は、での要素1に対応します。
マスクは、ピクセルについてマスク情報を記述する各ビットのバイトの配列です。最初のバイトは最初の8ピクセルを表し、2番目のバイトはその次の8ピクセルを表すというようになります。 1ビットが0の場合、LabVIEWでは対応するピクセルを透明として描画します。配列が空の場合、LabVIEWでは透明度なしですべてのピクセルを描画します。画像内の各ピクセルに対して配列に1ビットが含まれない場合、LabVIEWは透明度なしで配列から欠如したピクセルを描画します。
は、画像でRGBカラーの値に対応するRGBカラー値の配列です。画像深度の値により、LabVIEWでこの入力値が解釈される方法が決定します。は、最上位バイトがゼロで、次に赤・緑・青の値の順に表される32ビットのRGB値を格納します。有効な値は0から255です。 ファイルに書き込むVI(BMP、JPEG、およびPNG)では、LabVIEWは自動カラーテーブルを持ちません。ファイル書き込みVIのパフォーマンスを最適化するために、低いビット値の画像深度にも入力を使用してください。

画像深度24の場合、LabVIEWはこの入力を無視します。

画像深度8の場合、配列には256の要素があります。

画像深度4の場合、配列には16の要素があります。

画像深度1の場合、配列には2の要素があります。
境界は、画像の四角形枠を表す座標を含むクラスタです。 境界枠の右下隅には画像ピクセルは含まれません。水平座標は右方向に増加し、垂直座標は下方向に増加します。
は、四角形の左端の水平座標です。
は、四角形の上端の垂直座標です。
は、四角形の右端の水平座標です。
は、四角形の下端の垂直座標です。
エラー入力は、このノードを実行する前に発生したエラーの状態を示します。この入力は、標準エラー入力として機能します。
パスは、ピックスマップへのパスです。
エラー出力には、エラー情報が含まれます。この出力は、標準エラー出力として機能します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった