アプリケーション:デフォルト:データディレクトリプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: App.DfltDataDir

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: アプリケーションプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

デフォルトデータディレクトリへのパスです。

このディレクトリを使用して、.lvmまたは.txtファイルなど、LabVIEWが生成するデータファイルを保存します。LabVIEWをインストールする際、LabVIEWが生成するデータファイルの整理と参照が簡単に行えるように、オペレーティングシステムのインストーラはデフォルトファイルディレクトリにLabVIEW Dataサブディレクトリを作成します。

このプロパティはオプションダイアログボックスのパスページにあるデフォルトデータディレクトリオプションに似ています。

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り専用
ランタイムエンジンで使用可能あり (読み取り専用)
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった