LabVIEWクラス:作成メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: LVClass.Create

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: アプリケーションメソッド

使用方法: メソッドを作成する

新規のLabVIEWクラスを作成します。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
作成: デフォルトパレットいいえLabVIEWクラスが所有するすべてのVIのデフォルトパレットを設定するかどうかを指定します。 デフォルトはFALSEで、デフォルトのパレットを設定しません。
名前いいえLabVIEWクラスの名前を指定します。 名前入力に配線しない場合、実行時にダイアログボックスが表示されユーザに新規クラスの名前を指定するように促すプロンプトが表示されます。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能いいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった