アプリケーション:コマンドライン引数プロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: App.Args

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: アプリケーションプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

LabVIEWを起動した際に渡されたユーザ定義のコマンドライン引数の配列を返します。

ユーザ定義の引数は、コマンドラインでスペースに囲まれた2つのハイフン(--) の後から始まります。

配列の最初の文字列は、起動された実行可能ファイル名です。このプロパティは、起動されたVIの名前またはVIを含むLLBの名前を返しません。ユーザ定義のコマンドライン引数に二重引用符(")が含まれている場合は、このプロパティは引用符のない引数を返します。

このプロパティをスタンドアロンアプリケーションで使用する場合、ユーザ定義引数の前にハイフンを2つ入力しなくてもよくするには、アプリケーションプロパティダイアログボックスの上級ページですべてのコマンドライン引数をアプリケーションに渡すチェックボックスをオンにします。

サンプル

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り専用
ランタイムエンジンで使用可能あり (読み取り専用)
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
リモートアクセス可能あり

サンプル

アプリケーション:コマンドライン引数プロパティの使用サンプルは、labview\examples\Application Control\VI Server\Passing Command Line ParametersディレクトリにあるPassing Command Line Parameters VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった