一括コンパイルメソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: Mass Compile

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: アプリケーションメソッド

使用方法: メソッドを作成する

指定されたアプリケーションインスタンスに対してディレクトリにあるVI(サブディレクトリのVIを含む)をロードおよびコンパイルします。

このメソッドは一括コンパイルダイアログボックスの一括コンパイルオプションに似ています。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
コンパイルするディレクトリあり一括コンパイルを開始するディレクトリを指定します。
ログファイルパスいいえ一括コンパイルの結果を配置するファイルパスを指定します。デフォルトは空パスです。
ログファイルに追加いいえ結果をログファイルに追加するかどうかを指定します。デフォルトはFALSEです。
キャッシュするVI数いいえ一括コンパイル中にメモリに残るVIの許容数を指定します。デフォルトはなしです。
LVSBを再ロードいいえTRUEの場合、VIのCINは無視され、アプリケーションでCINが検索されます。多数のCINが再コンパイルされ、再度ロードする必要がある場合に役に立ちます。デフォルトはFALSEです。
ユーザによる停止いいえユーザが一括コンパイル操作を停止したかどうかを示します。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ戻り値なし
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった