リモートパネル:サーバへの接続プロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: RemotePanel.ConnToServers

インストールパッケージ: 開発システム

クラス: アプリケーションプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

現在コンピュータが接続されているサーバについての接続情報を含むクラスタの配列を返します。

要素

名前 説明
VI名 接続するサーバ上のVIの名前。LabVIEWのプロジェクトの一部のVIを指定するには、VIのパスにプロジェクト名、プロジェクトライブラリ、およびターゲットを含める必要があります(適用する場合)。たとえば、ターゲットのマイ コンピュータの下のMyProject.lvprojと呼ばれるプロジェクトにMyVI.viが存在する場合、VI名をMyProject.lvproj/My Computer/MyVI.viと入力します。VIがMyLibraryというプロジェクトライブラリにある場合、MyProject.lvproj/マイ コンピュータ/MyLibrary.lvlib:MyVI.viのように、パスにプロジェクトライブラリ名も追加します。VIがプロジェクトまたはプロジェクトライブラリのどちらにもない場合は、追加情報を含めずにVI名を入力することができます。
リモート 接続先サーバのIPアドレス。
ユーザ名 ユーザの現在のLabVIEWユーザ名。
ポート サーバコンピュータが現在使用しているポート番号。
ステータス 接続の制御状態を指定する列挙体タイプ。
作成時間 接続が作成されると指定されるタイムスタンプ(秒)です。
ステータス時間 サーバが現在の接続状態となった時間を示すタイムスタンプ(秒)。
制御終了時間 サーバがVIの制御を取り戻す時間、または制御を別のクライアントに転送する時間を示すタイムスタンプ。MM/DD/YYの値は、サーバ管理者がオプションダイアログボックスのウェブサーバページでVIの時間制限を設定していないことを示します。

リモートパネル:サーバ接続を開くメソッドを使用して、サーバへの接続を開きます。

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り専用
ランタイムエンジンで使用可能あり (読み取り専用)
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
リモートアクセス可能いいえ


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった