ウェブサーバ:VIアクセスリストプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: WebSrvr.VIAccess

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: アプリケーションプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

ウェブサーバで表示可能なVIを設定または取得します。また、このプロパティはLabVIEWが各VIへのアクセスを許可するかどうかを設定または取得します。

このプロパティは、各文字列が+、または-で始まるVI名の文字列の配列です。VIにデフォルトでない制御制限時間を指定する場合、値は+の前に表示されます。

  • +はLabVIEWがVIへのアクセスを許可することを指定します。
  • -はLabVIEWがVIへのアクセスを許可しないことを指定します。
メモ  このプロパティを使用して、リモートのフロントパネル接続用にメモリに既に存在するクローンへのアクセスを制限します。クローンへのアクセス制限はリソースが不足している場合に役に立ちます。リモートのフロントパネル接続用に作成されたクローンの数を制限するには、「VIリファレンスを開く」関数を使用して必要なクローンの数を作成します。VIクローン名プロパティを使用して、各クローンの名前を取得します。+で始まる各クローン名を配列に追加し、-で始まる元の再入可能VIの名前を配列に追加することで、作成したクローンのみへのアクセスを制限します。

このプロパティは、オプションダイアログボックスのウェブサーバページに似ています。

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り/書き込み
ランタイムエンジンで使用可能あり
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
リモートアクセス可能いいえ


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった