ウェブサーバ:サーバアクティブプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: WebSrvr.Active

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: アプリケーションプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

ビルトインウェブサーバが有効になっているかどうかを判断します。このプロパティは、LabVIEWを再起動する必要がなくウェブサーバの状態を即座に変更します。このプロパティを使用した変更は、LabVIEWのセッション全体で保存されず、オプションダイアログボックスのウェブサーバページに反映されません。

このプロパティはオプションダイアログボックスのウェブサーバページにあるリモートパネルサーバを有効に似ています。ただし、変更をこのオプションに適用するには、LabVIEWを再起動する必要があります。ウェブサーバ:サーバアクティブプロパティとは異なり、このオプションへの変更は保存され、LabVIEWを次回開いたときに表示されます。

サンプル

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り/書き込み
ランタイムエンジンで使用可能あり
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
リモートアクセス可能いいえ

サンプル

ウェブサーバ:サーバアクティブプロパティの使用サンプルは、labview\examples\Data Communication\Remote PanelsディレクトリにあるRemote Panel Methods.lvprojで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった