アプリケーションプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス階層を参照してください。

印刷プロパティを使用して、印刷するものを構成します。前回の設定がデフォルトになっているため、すべてのカスタム印刷プロパティを設定する必要があります。VI情報を実際に印刷するには、VIクラス印刷メソッドを使用する必要があります。

プロパティ説明
NIセキュリティ:ユーザ<Domain Name>¥<User Name>形式を使用して、現在ログイン中のユーザ名を示します。 詳細
NIセキュリティ:ログインユーザなし?ログイン中のユーザがいるかどうかを決定します。 詳細
アプリケーション:アクティブ:VIアプリケーションでアクティブなVIの名前を返します。 詳細
アプリケーション:アクティブ:アプリケーションアクティブなVIの所有アプリケーションへのアプリケーションリファレンスを取得します。 詳細
アプリケーション:アプリケーションインスタンス内のすべてのライブラリこのアプリケーションインスタンスのメモリに現在存在するすべてのライブラリの一覧を表示します。 詳細
アプリケーション:コマンドライン引数LabVIEWを起動した際に渡されたユーザ定義のコマンドライン引数の配列を返します。 詳細
アプリケーション:コンパイラしきい値エディタの応答性を向上させるためにコンパイラ最適化の制限を開始するVIの複雑度を取得または設定します。VIの複雑度がこの値で示されるしきい値よりも低い場合は、VIの実行速度の向上を目的としたコンパイラの最適化は制限されません。VIの複雑度がしきい値より高い場合は、VIに対するエディタの応答性を向上させるためにコンパイラの最適化が制限されます。 各VIの複雑度は、VIプロパティダイアログボックスのメモリ使用ページのコンパイルコードの複雑度の値を参照するか、コンパイル:コードの複雑度プロパティを使用します。 このプロパティを使用して、オプションダイアログボックスの環境ページにあるコンパイラ最適化スライダにプログラム的にアクセスできます。 詳細
アプリケーション:ターゲット:CPUアプリケーションのターゲットCPUを示します。 詳細
アプリケーション:ターゲット:OSアプリケーションが構築されたオペレーティングシステムを示します。Mac OSは、Mac OSバージョン9および8を表し、CarbonはMac OS Xを表します(32ビット)。 詳細
アプリケーション:ターゲット:コア数/パッケージコンピュータまたはターゲットに含まれるパッケージあたりのコア数を返します。 詳細
アプリケーション:ターゲット:データキャッシュエントリサイズすべてのキャッシュレベルでコンピュータまたはターゲットに含まれる、エントリサイズ(バイト単位)の配列を返します。 詳細
アプリケーション:ターゲット:データキャッシュサイズ各キャッシュレベルでコンピュータまたはターゲットに含まれる、キャッシュサイズ(バイト単位)の配列を返します。 詳細
アプリケーション:ターゲット:パッケージ数コンピュータまたはターゲットに含まれるパッケージまたはチップの数を返します。 詳細
アプリケーション:ターゲット:論理プロセッサ数コンピュータまたはターゲットに含まれる処理装置の数を返します。 詳細
アプリケーション:ターゲット:論理プロセッサ数/コアコンピュータまたはターゲットに含まれるコアあたりの論理プロセッサ数を返します。 詳細
アプリケーション:ダイアグラムからFP端子を削除LabVIEWがダイアグラム操作からフロントパネルオブジェクトに対応する端子を削除するかどうかを返します。 詳細
アプリケーション:ディレクトリパスアプリケーションが配置されたディレクトリの絶対パスです。 詳細
アプリケーション:デバッグ名このアプリケーションまたは共有ライブラリへのデバッグ接続を開くために使用された名前を返します。このメソッドは、ビルドされたアプリケーションまたは共有ライブラリでのみ有効です。 詳細
アプリケーション:デフォルト:アプリケーションデフォルトのアプリケーションリファレンスを返します。 詳細
アプリケーション:デフォルト:データディレクトリデフォルトデータディレクトリへのパスです。 詳細
アプリケーション:バージョン年アプリケーションのバージョン年です。スタンドアロンアプリケーションまたは共有ライブラリでは、このプロパティはLabVIEWランタイムエンジンのバージョン年を返します。 詳細
アプリケーション:バージョン番号アプリケーションのバージョン番号です。スタンドアロンアプリケーションまたは共有ライブラリでは、このプロパティはLabVIEWランタイムエンジンのバージョンを返します。 詳細
アプリケーション:フロントパネルヒントラベルを表示プロパティの書き込み―このプロパティをTRUEに設定すると、フロントパネル制御器でヒントラベルの表示が可能になります。このプロパティをFALSEに設定すると、ヒントラベルは表示できません。プロパティを読み取る―フロントパネル制御器の上にカーソルを移動する際にヒントラベルを表示するかどうかを指定します。 詳細
アプリケーション:メニュー起動:Appメニュー選択によって発呼者VIを起動したアプリケーションインスタンスへのリファレンスを返します。 詳細
アプリケーション:メニュー起動:VIメニュー選択によって発呼者VIを起動したVIの名前を返します。 詳細
アプリケーション:メモリ内のエクスポートされたVIメモリにあるエクスポートVIのリストを返します。 詳細
アプリケーション:メモリ内のすべてのVI指定されたアプリケーションインスタンスに対してメモリにあるVIリストを返します。このプロパティは、リモートアプリケーションリファレンスをリファレンス入力に配線するとエラーを返します。リモートアプリケーションの場合、メモリ内のエクスポートされたVIプロパティを使用して、エクスポートされたVIのリストを返します。 詳細
アプリケーション:ユーザインタフェース使用可リアルタイム(RT)プラットフォームにターゲットを設定していない場合、このプロパティは常にTRUEになります。RTプラットフォームにターゲットされ、ホストが接続されている場合は、このプロパティはTRUEになります。このプロパティがFALSEの場合は、ホストは接続されておらず、Real-Timeモジュールアプリケーションがホストに依存せずにすべての操作の処理が可能であることが必要となります。このプロパティを使用して、ユーザとの相互操作が必要となるダイアログボックスを表示しても問題がないタイミングを決定します。 詳細
アプリケーション:ユーザ名アプリケーションを開くのに使用するユーザ名です。 詳細
アプリケーション:現在の環境モードLabVIEWの現在の環境モードRoboticsなど)を返します。このプロパティをLabVIEW開発システム環境のVIから呼び出した場合、空の文字列が返されます。 詳細
アプリケーション:言語ISO639に従った文字列としてLabVIEW環境またはスタンドアロンアプリケーションの言語を示します。値には、endefrjakozh-cnなどがあります。 詳細
アプリケーション:最上位ブロックダイアグラムのVI一番最後にアクセスされた可能性が高い、Z順序で最大のブロックダイアグラムへのリファレンスを返します。 詳細
アプリケーション:種類無効なアプリケーションタイプなど、コンピュータでVIが実行中のLabVIEWインスタンスを示します。 詳細
アプリケーション:配線を自動経路設定LabVIEWが自動的にワイヤの経路を検出するかどうかを返します。 詳細
アプリケーション:保存バージョンLabVIEWドキュメントが保存されたLabVIEWファイル形式のバージョン番号を返します。このバージョン番号は、アプリケーションのバージョン番号と異なる可能性があります。たとえば、バージョン番号が9.0.1のLabVIEWで保存するLabVIEWドキュメントのファイル形式バージョン番号は9.0になります。 詳細
アプリケーション:保存可能バージョンこのLabVIEWバージョンで保存できるLabVIEWバージョン形式の配列です。配列は新しいバージョンから順に並べられています。したがって、最新バージョンが0番目の要素に割り当てられます。配列の各要素は、旧バージョン形式で保存するVIサーバ関数に渡すことができる、保存可能なバージョンです。 詳細
アプリケーション:名前アプリケーションのファイル名です。 詳細
ウェブサーバ:HTTPポートビルトインウェブサーバがHTTP要求をリスンするためのポートです。 詳細
ウェブサーバ:TCP/IPアクセスリストウェブサーバへのアクセスのあるTCP/IPアドレスを設定または取得します。また、このプロパティは各アドレスがVIをリモートで参照するためのアクセスがある、またはVIをリモートで参照および制御するアクセスがある、またはウェブサーバへのアクセスがないかどうかを設定および取得します。 詳細
ウェブサーバ:VIアクセスリストウェブサーバで表示可能なVIを設定または取得します。また、このプロパティはLabVIEWが各VIへのアクセスを許可するかどうかを設定または取得します。 詳細
ウェブサーバ:サーバアクティブビルトインウェブサーバが有効になっているかどうかを判断します。このプロパティは、LabVIEWを再起動する必要がなくウェブサーバの状態を即座に変更します。このプロパティを使用した変更は、LabVIEWのセッション全体で保存されず、オプションダイアログボックスのウェブサーバページに反映されません。 詳細
ウェブサーバ:デフォルト構成ファイルパスLabVIEWのデフォルト構成が保存されたウェブサーバ構成ファイルへのパス。 詳細
ウェブサーバ:ルートディレクトリパスビルトインウェブサーバがドキュメント要求のためにファイルをロードするルートディレクトリを指定します。 詳細
ウェブサーバ:ログファイルパスビルトインウェブサーバがログファイルを配置する場所を指定します。 詳細
ウェブサーバ:ログ可能ビルトインウェブサーバがHTTP要求についての情報をファイルに記録するかどうかを定めます。 詳細
ウェブサーバ:構成ファイルパスLabVIEWウェブサーバの構成ファイルへのパス。 詳細
ウェブサーバ:読み取りタイムアウトウェブサーバがHTTPクライアントからHTTP要求を読み取る際に、ビルトインウェブサーバが読み取り操作の完了を待機する時間を指定します。 詳細
オペレーティングシステム:バージョン番号オペレーティングシステムのバージョン番号です。 詳細
オペレーティングシステム:ビルド番号オペレーティングシステムのビルド番号です。この文字列は、オペレーティングシステムのビルド番号との比較に使用可能なビルド番号の英数字の値を返します。このプロパティは読み取り専用です。
メモ  新しいバージョンのオペレーティングシステムは、頻繁に大きな英数字の値を返します。
詳細
オペレーティングシステム:詳細名アプリケーションが実際に起動しているオペレーティングシステムの詳細名です。この文字列値はオペレーションシステムと、Microsoft Windows XPなどそのバージョンを返します。このプロパティは、OSNameOSVersionの組み合わせに似たもので、それぞれがプラットフォーム名と数値バージョン番号を返します。このプロパティは読み取り専用です。 詳細
オペレーティングシステム:名前アプリケーションが実際に起動しているオペレーティングシステムの名前です。 詳細
サーバ:TCP/IPアクセスリストリモートクライアントのどのTCP/IPアドレスがVIサーバにアクセスできるかを記述するリストです。 詳細
サーバ:TCPリスナアクティブVIサーバへのTCPインタフェースが現在接続を受け入れるかどうかを指定します。 詳細
サーバ:VIアクセスリストリモートクライアントがアクセス可能なVIサーバ上のVIを記述するリストです。 詳細
サーバ:サービス名LabVIEW VIサーバ用のサービス名を設定または取得します。 詳細
サーバ:ポートLabVIEW VIサーバポートを取得および設定します。リモートアプリケーション上のプロパティへのアクセスを試みるとエラーを返します。 詳細
サーバ:ログファイルパスTCP/IP通信中に作成されたログファイルのパスです。 詳細
サーバ:ログ有効VIサーバへのTCPインタフェースがファイルへ操作の記録をするかどうかを指定します。 詳細
デバッグサーバ:TCP/IPアクセスリストリモートクライアントのどのTCP/IPアドレスがデバッグサーバにアクセスできるかを記述するリストです。このプロパティは、LabVIEWビルドアプリケーションまたは共有ライブラリのみで使用可能です。 詳細
デバッグサーバ:サーバアクティブデバッグサーバが有効かどうかを決定します。このプロパティは、LabVIEWビルドアプリケーションまたは共有ライブラリのみで使用可能です。 詳細
プロジェクト:アクティブプロジェクトこのプロパティの実行時にアクティブであるLabVIEWプロジェクトへのリファレンスを返します。プロジェクトは、ユーザが関連するプロジェクトウィンドウまたはプロジェクトメンバー(VI、制御器、プロジェクトライブラリなど)にフォーカスを置くとアクティブになります。 詳細
プロジェクト:ターゲット項目指定するアプリケーションリファレンスの関連するターゲット項目を返します。 詳細
プロジェクト:プロジェクト[]メモリにある各LabVIEWプロジェクトへのリファレンス配列を返します。これらのリファレンスはプロジェクトプロパティと共に使用できます。 詳細
プロジェクト:所有プロジェクト参照されているアプリケーションを所有するプロジェクトへのリファレンスを返します。 詳細
リモートパネル:クライアントへの接続現在コンピュータに接続されているクライアントについての接続情報を含むクラスタの配列を返します。 詳細
リモートパネル:サーバへの接続現在コンピュータが接続されているサーバについての接続情報を含むクラスタの配列を返します。 詳細
印刷:JPEG品質対話形式または印刷:VIからHTMLメソッドで印刷する、VI内のJPEGグラフィックの質を示す0~100のパーセンテージ値です。この値は画像精度とファイルサイズを調整します。75~95の範囲の値では高画質で圧縮したファイルが生成され、50より小さい値では低画質でより小さいサイズのファイルが生成されます。デフォルトは80です。 詳細
印刷:PNG圧縮レベル対話式または印刷:VIからHTMLメソッドで印刷する、VIのPNG形式のグラフィックの圧縮レベルを指定する0から9の数字です。圧縮によって画像精度が低下することはありませんが、この値はグラフィックファイルのサイズと圧縮速度に影響します。有効な値は0~9の範囲で、速度でファイル圧縮率を調整します。0は、圧縮なしを指定します。1は、最も圧縮率が低いかわりに最も高速です。9は、最も圧縮率が高いかわりに最も低速です。-1と入力すると、LabVIEWによって最適な圧縮率と速度の組み合わせが選択されます。 詳細
印刷:カスタムExpressVI設定?ドキュメント印刷VIメソッドの1つを使用してカスタムフォーマットで印刷する際に、ブロックダイアグラムで任意のExpress VIの構成情報を印刷するかどうかを指定します。 詳細
印刷:カスタムクラスタ定数?ドキュメントを印刷するVIメソッドを使用してカスタムフォーマットで印刷する際に、ブロックダイアグラム内にあるアイコン化されたクラスタの非表示コンテンツを印刷するかどうかを指定します。 詳細
印刷:カスタムコネクタペーン?印刷ドキュメントVIメソッドのどちらからのカスタム形式を使用する際、コネクタペーンとVIアイコンのどちらを印刷するかを指定します。 詳細
印刷:カスタムすべての制御器?いずれかのドキュメントを印刷するVIメソッドを使用してカスタムフォーマットで印刷する際に、すべての制御器を印刷するか、またはコネクタペーンに配線された制御器のみを印刷するかを指定します。 詳細
印刷:カスタムダイアグラム?いずれかのドキュメントを印刷するVIメソッドを使用してカスタムフォーマットで印刷する際に、ブロックダイアグラムを印刷するかどうかを指定します。 詳細
印刷:カスタムダイアグラム繰り返し?ドキュメント印刷VIメソッドの1つでカスタムフォーマットを使用する際、各ケース、イベント、スタックシーケンスストラクチャの非表示サブダイアグラムと並んでいる表示サブダイアグラムを印刷するかどうかを指定します。表示可能なサブダイアグラムを連続して印刷する場合、それらのサブダイアグラムは2回印刷されます。 詳細
印刷:カスタムダイアグラム非表示?いずれかのドキュメントを印刷するVIメソッドを使用してカスタムフォーマットで印刷する際に、ブロックダイアグラム内に存在する可能性のあるケースおよびスタックシーケンスストラクチャ内の非表示フレームを印刷するかどうかを指定します。 詳細
印刷:カスタムパネル?いずれかのドキュメントを印刷するVIメソッドを使用してカスタムフォーマットで印刷する際に、フロントパネルを印刷するかどうかを指定します。 詳細
印刷:カスタムパネル境界?いずれかのドキュメントを印刷するVIメソッドを使用してカスタムフォーマットで印刷する際に、フロントパネルを枠付きで印刷するかどうかを指定します。 詳細
印刷:カスタム階層?印刷ドキュメントVIメソッドでカスタム形式を使用する際、メモリにあるVIの階層を印刷するかどうかを指定します。 詳細
印刷:カスタム詳細?印刷ドキュメントVIメソッドの1つでカスタム形式を使用する際、VIの説明を印刷するかどうかを指定します。 詳細
印刷:カスタム制御器?印刷ドキュメントVIメソッドの1つでカスタム形式を使用する際、フロントパネル制御器の情報を印刷するかどうかを指定します。 詳細
印刷:カスタム制御器タイプ?印刷ドキュメントVIメソッドの1つでカスタム形式を使用する際、フロントパネル制御器のデータタイプ情報を印刷するかどうかを指定します。 詳細
印刷:カスタム制御器の詳細?印刷ドキュメントVIメソッドの1つでカスタム形式を使用する際、フロントパネル制御器の説明を印刷するかどうかを指定します。 詳細
印刷:カスタム制御器ラベル/キャプション?ドキュメント印刷VIメソッドの1つでカスタム形式を使用する際、各制御器のラベルやキャプションを印刷するかどうかを指定します。 詳細
印刷:カスタム履歴?印刷ドキュメントVIメソッドでカスタム形式を使用する際、VIのリビジョン履歴情報を印刷するかどうかを指定します。 詳細
印刷:カラー/グレースケール?TRUEの場合、LabVIEWはプリンタにカラー/グレースケール出力を送信します。FALSEの場合、LabVIEWはプリンタにモノクロ出力を送信します。 詳細
印刷:サブVIのカスタムリスト?いずれかのドキュメントを印刷するVIメソッドを使用してカスタムフォーマットで印刷する際に、アイコン、名前、パスを含むサブVIおよびExpress VIの一覧を印刷するかどうかを指定します。多態性VIがサブVIの場合、LabVIEWはアイコン、名前、パスを含むトップレベルVIで使用されたインスタンスを印刷します。トップレベルVIが多態性の場合、LabVIEWは各インスタンスのアイコン、名前、パスを含む、多態性VIのすべてのインスタンスのリストを印刷します。 詳細
印刷:デフォルトプリンタLabVIEWのデフォルトプリンタ名を設定または取得します。 詳細
印刷:ファイルテキスト折り返しの長さファイルの1つの行の最大文字数です。印刷:VIからHTML印刷:VIからRTF、および印刷:VIからテキストメソッドに影響します。このプロパティを0に設定して、行送りなしですべての文字を1行に印刷します。 詳細
印刷:印刷方法LabVIEWの印刷方法を設定または取得します。 詳細
印刷:使用可能なプリンタコンピュータで使用可能なプリンタ名のアルファベット順の配列を返します。 詳細
表示:すべてのモニタビット深度や四角形の境界など、コンピュータのすべてのモニタに関する情報を返します。 詳細
表示:プライマリワークスペースコンピュータのプライマリモニタの境界を示す長方形を指定します。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった