カラー[4]プロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: Colors[4]

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: ブールプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

最大4つまでの(前景色, 背景色)のペア。前景色はブール制御器の前景色、背景色はブール制御器の背景色です。色の組み合わせは、FALSE、TRUE、TRUE→FALSE、FALSE→TRUEです。

このプロパティにRRGGBB形式の16進数か、またはカラーボックス定数を配線して、フロントパネルオブジェクトの色を設定することができます。

このプロパティはブールプロパティダイアログボックスの外観ページにあるオプションに似ています。

ブール制御器の4つの状態を示す(前景色、背景色)ペアが4つある場合、このプロパティは読み取り時には常に4つの(前景色、背景色)ペアを返します。書き込み時には、長さが1、2、4の配列のいずれかを渡すことができます。1つの要素のみを渡すと、このプロパティはその要素の値を4つすべての状態に対して使用します。2つの要素を渡すと、このプロパティは最初の要素の値をFALSEとTRUE→FALSEの状態に使用します。同様に、2つめの要素の値はTRUEとFALSE→TRUEの状態に使用されます。

ブール制御器の4つの状態を示す(前景色、背景色)ペアが1つしかない場合、このプロパティは読み取り時には(前景色、背景色)ペアの配列を1つだけ返し、書き込み時には配列の最初の要素を使用します。(前景色、背景色)ペアが1つしかないブール制御器は、複数の(前景色、背景色)ペアを持つブール制御器に変更できません。

ブール制御器を放されたらラッチ/スイッチに設定すると、このプロパティはTRUE→FALSE状態とFALSE→TRUEの状態のみ使用します。(前景色、背景色)ペアは、制御器が放されたらラッチするか、放されたらスイッチするよう設定されていなくても取得、設定することができますが、使用されることはありません。

このプロパティは、ブール制御器のデータを変更しないため、いつでも設定できます。

このプロパティは、クラシックパレット、Expressパレット、モダンパレット、シルバーパレットのブール制御器に使用できます。このプロパティは、システムパレットのブール制御器に対して使用できません。

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り/書き込み
ランタイムエンジンで使用可能あり
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった