文字列 [4]プロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: Strings[4]

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: ブールプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

最大4種類の文字列の配列です。文字列は、FALSE、TRUE、TRUE→FALSE、FALSE→TRUEのテキストです。

ブール制御器で複数の文字列を使用可能に設定すると、このプロパティは読み取り時に常に4つの文字列の配列を返します。書き込み時には、長さが1、2、4の配列のいずれかを渡すことができます。1つの要素のみを渡すと、このプロパティはその要素の値を4つすべての状態に対して使用します。2つの要素を渡すと、このプロパティは最初の要素の値をFALSEとTRUE→FALSEの状態に使用します。同様に、2つめの要素の値はTRUEとFALSE→TRUEの状態に使用されます。

ブール制御器で複数の文字列の使用を許可しない場合は、このプロパティは読み取り時に1つの文字列の配列を返し、書き込み時には最初の配列の要素を使用します。

ブール制御器を放されたらラッチ/スイッチに設定すると、このプロパティはTRUE→FALSE状態とFALSE→TRUEの状態のみ使用します。これらの文字列は、制御器が放されたらラッチ/スイッチに設定されていなくても取得、設定されますが、使用されることはありません。

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り/書き込み
ランタイムエンジンで使用可能あり
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった