制御器イベント



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス階層を参照してください。

イベント説明
キーアップユーザがフロントパネルの特定の制御器でキーボードのキーを放すと発生します。 詳細
キーダウンキーボードフォーカスがある制御器で発生します。押されたキーがVIメニューのキーボードショートカット(Ctrl-CやCtrl-Vなど)に一致する場合は、メニュー項目が有効か無効かに関係なく、キーダウンイベントは生成されません。 詳細
キーダウン?キーボードフォーカスがある制御器で発生します。押されたキーがVIメニューのキーボードショートカット(Ctrl-CやCtrl-Vなど)に一致する場合は、メニュー項目が有効か無効かに関係なく、キーダウンイベントは生成されません。 詳細
キー繰り返しユーザがフロントパネルの制御器でキーを押し続けると一定の間隔で生成されます。 詳細
キー繰り返し?フロントパネルの制御器でキーを押したままにすると発生します。 詳細
ショートカットメニュー起動?制御器を右クリックしてショートカットメニューを表示すると発生します。 詳細
ショートカットメニュー選択(アプリ)制御器のショートカットメニューメニューからアプリケーション項目を選択すると発生します。ユーザ定義メニュー項目を選択している場合にイベントを生成するには、ショートカットメニュー選択(ユーザ)イベントを使用してください。このイベントは、標準ショートカットメニュー項目がLabVIEWによって処理された後にポストされます。 詳細
ショートカットメニュー選択(ユーザ)ショートカットメニューメニューからユーザ定義項目を選択すると発生します。ショートカットメニューからアプリケーションメニュー項目を選択した際にイベントを生成するには、ショートカットメニュー選択(アプリ)イベントを使用してください。 詳細
ショートカットメニュー選択?(アプリ)ショートカットメニューメニューからアプリケーション項目を選択すると発生します。このイベントは、LabVIEWによってアプリケーション項目が処理される前にポストされます。 詳細
ドラッグオーバードラッグアンドドロップ操作が保留状態でマウスを制御器上に移動すると生成されます。 詳細
ドラッグソースアップデートドラッグアンドドロップ操作の途中でマウスが移動したとき、またはキーの状態が変化した際に生成されます。 詳細
ドラッグ境界外ドラッグ操作が保留状態で、マウスがドラッグ動作を受け入れる制御器から離れるか、ユーザがドラッグアンドドロップ操作を制御器上でキャンセルしたときに生成されます。 詳細
ドラッグ境界内ドラッグ操作が保留状態で、カーソルが制御器の境界内に入ったときに生成されます。 詳細
ドラッグ終了ドラッグアンドドロップ操作が完了すると生成されます。 詳細
ドロップドラッグアンドドロップ操作が待機中で、マウスが制御器上にある際にユーザがマウスボタンを放すと生成されます。 詳細
マウスアップ特定の制御器でマウスボタンを解放すると発生します。マウスボタンをクリックしたときにショートカットが表示される場合は、このイベントは発生しません。 詳細
マウスダウン特定の制御器でマウスボタンをクリックすると発生します。 詳細
マウスダウン?特定の制御器でマウスボタンをクリックすると発生します。 詳細
マウスホイールユーザが制御器の上にマウスホイールをスクロールすると発生します。 詳細
マウス移動ユーザが制御器の上にマウスを移動すると発生します。 詳細
マウス境界外カーソルがフロントパネルオブジェクトの枠を離れると発生します。 詳細
マウス境界内カーソルがフロントパネルオブジェクトの枠に入ると発生します。 詳細
値変更ユーザが制御器の値を変更すると生成されます。値変更イベントケースでラッチ型ブール制御器の端子を読み取る必要があります。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった