制御器メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

一般»Gオブジェクトから継承されます。 クラス階層を参照してください。

メソッド説明
DataSocketに接続ナショナルインスツルメンツでは、データ接続を制御器に取り付ける場合、シェア変数エンジンを介してフロントパネルのデータバインディングを使用するか、またはネットワークパスにバインドメソッドを使用することを推奨します。 このメソッドにより、Windowsではopcftphttp接続、LabVIEWをサポートするすべてのプラットフォームではdstpまたはfile接続を制御器に接続できます。新規の接続は、編集時にのみ追加できます。 詳細
DataSocketを削除Windowsではopcftphttp接続、LabVIEWをサポートするすべてのプラットフォームではdstpまたはfile接続を制御器から削除します。 詳細
タイプ定義から更新タイプ定義から制御器を更新して、TRUEを返します。制御器がタイプ定義に接続されていない場合、LabVIEWはFALSEを返します。 詳細
タイプ定義から切断タイプ定義から制御器を切り離し、TRUEを返します。制御器がタイプ定義に接続されていない場合、LabVIEWはFALSEを返します。 詳細
データバインディング:ネットワークパスへバインド制御器をNI Publish-Subscribe Protocol (NI-PSP)ネットワークパスにバインドします。新規の接続は、編集時にのみ追加できます。 詳細
データバインディング:バインドなしNI Publish-Subscribe Protocol (NI-PSP)ネットワークパスから制御器のバインドを解除します。 詳細
データ操作:データをコピー制御器からクリップボードへデータをコピーします。 詳細
データ操作:データを貼り付けクリップボードから制御器へデータを貼り付けます。 詳細
デフォルト設定に戻す制御器の値をデフォルト値へ再度初期化します。 詳細
ドラッグ開始ソースとして指定した制御器を使用して、ドラッグアンドドロップの操作を開始します。 詳細
ペーンに制御器を合わせるペーンを含む制御器をそのペーンのサイズにサイズ変更し、制御器がペーンとともにスケールするように設定します。 詳細
画像を取得フロントパネルオブジェクトの画像を返します詳細
作成:インボークノード制御器のインボークノードを作成し、それへのリファレンスを返します。 詳細
作成:プロパティノード制御器のプロパティノードを作成し、それへのリファレンスを返します。 詳細
作成:ローカル変数制御器のローカル変数を作成し、それへのリファレンスを返します。 詳細
作成:制御器リファレンス制御器の制御器リファレンスを作成し、それへのリファレンスを返します。 詳細
端子画像を取得フロントパネルオブジェクトのブロックダイアグラム端子の画像を返します。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった