制御器プロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

一般»Gオブジェクトから継承されます。 クラス階層を参照してください。

プロパティ説明
DataSocket:LED表示接続状態の表示器を表示または非表示にします。 詳細
DataSocket:URL制御器のDataSocketが接続されているURLを取得または設定します。制御器を接続するためのDataSocketプロパティの有効なURLは、Windowsではopcftphttpプロトコル、LabVIEWがサポートするすべてのプラットフォームではdstpおよびfileプロトコルです。 詳細
DataSocket:ステータスデータ接続の状態を返します。接続の状態は、Invalid StatusUnconnectedActiveIdleError、またはConnectingです。 詳細
DataSocket:モードデータ接続のモードを取得または設定します。 詳細
DataSocket:有効Windowsではopcftphttp接続、LabVIEWをサポートするすべてのプラットフォームではdstpまたはfile接続が有効になっている状態です。接続は有効な場合のみにデータを転送できます。 詳細
Tabキーで選択しないTRUEの場合、フロントパネル内をTabキーを使用して移動する際、LabVIEWはこの制御器をスキップします。 詳細
XControl:XControl?制御器がXControlの場合TRUEを返し、それ以外の場合はFALSEを返します。 詳細
XControl:コンテナ境界XControlのコンテナの境界を設定または取得します。 詳細
XControl:コンテナ境界:高さXControlの高さ。 詳細
XControl:コンテナ境界:幅XControlの幅。 詳細
インボークノード[]この制御器のインボークノードへのリファレンスを返します。 詳細
キーフォーカスTRUEの場合、制御器はキーフォーカスを持ち、キーボードからのキー入力を受け付けます。 詳細
キャプションキャプションオブジェクトのリファレンスです。このリファレンスはテキストプロパティと使用することができます。 詳細
キャプションあり制御器にキャプションがある場合、TRUEを返します。 詳細
コネクタペーンにある制御器または表示器がVIのコネクタペーン上にあるかどうかを返します。 詳細
スタイルID制御器のスタイルを返します。 詳細
タイプ定義:VI制御器がタイプ定義に接続されている場合にタイプ定義へのリファレンスを返します。接続されていない場合、LabVIEWは<NotARef>を返します。 詳細
タイプ定義:パス制御器がタイプ定義にリンクされている場合にタイプ定義へのパスを返します。リンクされてない場合、LabVIEWは空のパスを返します。 詳細
タイプ定義?制御器がタイプ定義にリンクされているかどうかを返します。 詳細
タイプ定義から自動更新TRUEの場合、制御器はタイプ定義が変化すると自動的に更新します。 詳細
データバインディング:LED表示データバインディング表示器を表示または非表示にします。 詳細
データバインディング:バインディングタイプバインディングのタイプを返します。 詳細
データバインディング:パス制御器が接続されるNI Publish-Subscribe Protocol (NI-PSP)URLの読み書きを行います。このプロパティを書き込むには、書き込み操作を開始する前に制御器をPSP URLに連結する必要があります。 詳細
データバインディング:モードデータ接続のモードを取得または設定します。 詳細
データバインディング:状態データ接続の状態を返します。接続の状態は、Invalid StatusUnconnectedActiveIdleError、またはConnectingです。 詳細
デフォルト値制御器のデフォルト値(LabVIEW変数)です。 詳細
デフォルト値制御器のデフォルト値(LabVIEW変数)です。 詳細
ビルトインマウスホイールサポート制御器がマウスホイールの動きに反応する条件を設定します。 詳細
ヒントラベル制御器のヒントラベルを設定するか、返しますヒントラベルは、オブジェクト上にカーソルを移動すると表示されるオブジェクトの簡単な説明です。 他の製品では、ヒントラベルはヒントと呼ばれます。 詳細
フォーカスキーバインディングこの制御器まで移動するショートカットキーを設定します。 詳細
プロパティノード[]この制御器のプロパティノードへのリファレンスを返します。 詳細
ラベルラベルオブジェクトのリファレンスです。 詳細
ローカル変数[]この制御器のローカル変数へのリファレンスを返します。 詳細
拡大情報この制御器の拡大機能を返します。 詳細
拡大情報:垂直に拡大可能この制御器が垂直方向に拡大可能かどうかを返します。 詳細
拡大情報:垂直に最小化この制御器が拡大可能な垂直方向の最小サイズを返します。 詳細
拡大情報:垂直に最大化この制御器が拡大可能な垂直方向の最大サイズを返します。 詳細
拡大情報:水平に拡大可能この制御器が水平方向に拡大可能かどうかを返します。 詳細
拡大情報:水平に最小化この制御器が拡大可能な水平方向の最小サイズを返します。 詳細
拡大情報:水平に最大化この制御器が拡大可能な水平方向の最大サイズを返します。 詳細
所有ペーン参照されている制御器を所有するペーンへのリファレンスを返します。 詳細
制御器リファレンスノード[]この制御器の制御器リファレンスノードへのリファレンスを返します。 詳細
制御器指標指定した制御器または表示器の指標を取得します。指標を取得したい制御器または表示器が、ブロックダイアグラム上に端子をもたない場合、このプロパティはエラーを返します。 詳細
説明フロントパネルオブジェクトにカーソルを移動した際に表示される詳細ヘルプウィンドウや、生成したVIドキュメントに使用される、VIの説明です。 詳細
端子この制御器のブロックダイアグラム端子へのリファレンスを返します。このプロパティを使用して、1つのVIのフロントパネルとブロックダイアグラムの間で切り替えることができます。 詳細
制御器のデータ値(LV変数)です。この値がラッチ式の機械的動作が設定されたブール値の場合、このプロパティは常にエラーを返します。ラッチ式機械的動作をするブール値は、競合状態が発生する可能性があるため、プログラムによって読み取ることができません。 詳細
制御器のデータ値(LV変数)です。この値がラッチ式の機械的動作が設定されたブール値の場合、このプロパティは常にエラーを返します。ラッチ式機械的動作をするブール値は、競合状態が発生する可能性があるため、プログラムによって読み取ることができません。 詳細
値(信号)制御器の値(LVバリアント)を設定して、値変更イベントを生成します。 詳細
値(信号)制御器の値(LVバリアント)を設定して、値変更イベントを生成します。 詳細
点滅TRUEの場合、制御器は点滅します。 詳細
同期表示TRUEの場合、制御器および表示器のデータ更新をすべて表示する同期表示が有効になります。FALSEの場合、同期表示の更新頻度は下がり、より多くの時間がVIの実行に割り当てられます。 詳細
表示フロントパネル制御器を表示します。 詳細
表示器TRUEの場合、そのフロントパネルオブジェクトは表示器です。FALSEの場合は制御器です。 詳細
無効制御器の操作が可能かどうかを示します。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった