ドラッグ開始メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: Start Drag

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: 制御器メソッド

使用方法: メソッドを作成する

ソースとして指定した制御器を使用して、ドラッグアンドドロップの操作を開始します。

このメソッドによって、文字列、ツリー、リストボックス、複数列リストボックスの各制御器の標準動作の代わりに、ユーザ定義された動作に対応してドラッグアンドドロップ操作を開始することができます。文字列、ツリー、リストボックス、複数列リストボックス以外の制御器では、ドラッグ開始メソッドがこの制御器をドラッグソースとしてドラッグを開始する唯一の方法です。

この操作では、ドラッグアンドドロップ操作で使用されるデータを指定する必要があります。オプションでドラッグモードと対応するデフォルトのカーソルフィードバックを指定して、このドラッグアンドドロップ操作がデータのデータのコピーのみではなくデータの移動も同様にサポートするかどうかを反映させるかどうかを指定することもできます。ドラッグアンドドロップ操作中は、ドラッグアンドドロップイベントのみが有効です。マウスイベントは使用できません。

すでにドラッグ処理が開始されている場合、LabVIEWはエラーを返します。データパラメータに空の配列を渡すと、ドラッグ操作は開始されず、LabVIEWはエラーを返します。渡されたデータの配列が、重複するデータ名を含む、または標準のタイプと矛盾する場合は、LabVIEWはエラーを返します。

このメソッドを使用した後、ユーザが<Esc>キーを押すかマウスボタンを放してドラッグをキャンセルする、またはソース管理のあるウィンドウの手前にウィンドウが開かれるまで、LabVIEWはドラッグ&ドロップ操作中の状態で残ります。

ドラッグデータパラメータはクラスタの配列で、各クラスタにはラベルと対応するデータが含まれます。各ラベルは固有でLV_接頭辞を使用することができません。配列の各要素は同じデータタイプである必要があります。ドラッグモードパラメータは、コピー、移動、コピー/移動など、ドラッグの操作を指定します。コピーまたは移動を選択した場合、<Ctrl>キーを押すと項目がコピーされます。

サンプル

パラメータ

データタイプ名前必須説明
データをドラッグありデータタイプを識別するLabVIEW定義名またはユーザ定義名を示します。 LabVIEWデータタイプに接頭辞LV_が予約されているため、この接頭辞はユーザ定義のデータ名に使用することはできません。以下の標準のLabVIEWデータタイプおよび名前を使用できます。
LabVIEWデータタイプ 定義
LV_TEXT 文字列
LV_TREE_TAG 文字列
LV_TREE_ITEMS ドラッグしている項目にある(左から右の)文字列の配列、データをドラッグしている項目に関連付けられたグリフ指標を表す整数、およびドラッグしている項目のインデントレベルを表す整数を含む、クラスタの配列。
LV_LISTBOX ドラッグしている項目の文字列の配列(左から右)を含むクラスタ配列およびデータをドラッグしている項目に関連したグリフ指標を表す整数。
LV_LISTBOX_ITEMS ドラッグしている項目にある(左から右の)文字列の配列、およびデータをドラッグしている項目に関連付けられたグリフ指標を表す整数を含む、クラスタの配列。
LV_PATH パス
ドラッグモードいいえドラッグ中にこの制御器がサポートする操作(コピーまたは移動、コピーのみ、移動のみ、など)を指定します。コピーまたは移動を選択した場合、<Ctrl>キーを押すと項目がコピーされます。サポートするオペレーションにより、ドラッグ終了およびドラッグソースアップデートイベントの結果出力が提供できる値が制御されます。

フィルタイベントでは、このイベントが生成されるとこのフィールドを修正してドラッグモードを変更できます。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ戻り値なし
ランタイムエンジンで使用可能あり (読み取り/書き込み)
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能いいえ
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり

サンプル

ドラッグ開始メソッドの使用サンプルは、labview\examples\Structures\Event StructureディレクトリにあるDrag and Drop - Initiating a Custom Drag VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった