DataSocketに接続メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: AttachDataSocket

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: 制御器メソッド

使用方法: メソッドを作成する

ナショナルインスツルメンツでは、データ接続を制御器に取り付ける場合、シェア変数エンジンを介してフロントパネルのデータバインディングを使用するか、またはネットワークパスにバインドメソッドを使用することを推奨します。

このメソッドにより、Windowsではopcftphttp接続、LabVIEWをサポートするすべてのプラットフォームではdstpまたはfile接続を制御器に接続できます。新規の接続は、編集時にのみ追加できます。

このメソッドはプロパティダイアログボックスのデータバインディングページにあるデータバインディングセレクションパスアクセスタイプオプションに似ています。

メモ  このメソッドは、ラジオボタン制御器のブール制御器に対して使用するとエラーを返します。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
URLありURLを指定して接続を確立します。
モードあり接続のモードを指定します。接続モードには、No DataSocket、Publish、Subscribe、Publish & Subscribeなどがあります。
有効あり接続が有効かどうかを示します。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ戻り値なし
ランタイムエンジンで使用可能あり (読み取り/書き込み)
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった