データバインディング:パスプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: BindingPath

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: 制御器プロパティ

使用方法: プロパティを作成する

制御器が接続されるNI Publish-Subscribe Protocol (NI-PSP)URLの読み書きを行います。このプロパティを書き込むには、書き込み操作を開始する前に制御器をPSP URLに連結する必要があります。

メモ  制御器がPSP URLの代わりにプロジェクト項目に連結され、このプロパティを書き込もうとすると、このプロパティはエラーを返します。

制御器をPSP URLにバインドするには、VIが実行中でない間にネットワークパスにバインドメソッドを使用します。

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り/書き込み
ランタイムエンジンで使用可能あり
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった