値変更イベント



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: 制御器イベント

タイプ: 通知

ユーザが制御器の値を変更すると生成されます。値変更イベントケースでラッチ型ブール制御器の端子を読み取る必要があります。

ユーザが現在の制御器の値と同じ値を入力した場合でも、LabVIEWはこのイベントを生成します。スライド制御器と一緒に使用されると、ユーザが値を変更するたびに、ユーザがマウスを放す前に登録される値を含むスライドのすべての中間値が生成されます。

コンボボックス制御器またはI/O制御器をクリックした後、値を変更しないと、このイベントが生成されます。

イベントデータフィールド

名前説明
ソースイベントのソース。LabVIEWのユーザインタフェースは標準のユーザインタフェースイベントを参照します。

0LabVIEW UI
タイプマウスダウン、値変更、タイムアウトなど、発生したイベントのタイプ。
時間イベントが発生した際のミリ秒タイマの値。
時間イベントが発生した際のミリ秒タイマの値。
旧値データが変更される前の制御器の値。
新規値データが変更された後の制御器の値。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった