DataSocketプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

このプロパティを使用して、データ接続に使用するクライアント側のバッファサイズ指定したり、データ接続のステータスを確認したり、URLの読み取りを行います。

プロパティ説明
バッファ最大バイトデータ接続に関連するクライアント側のバッファの最大バイト数を取得または設定します。詳細
バッファ最大パケットデータ接続に関連するクライアント側のバッファの最大パケット数を取得または設定します。詳細
バッファ利用率(バイト)データ接続のクライアント側バッファの利用率(現在のバイト/最大バイト)を返します。詳細
バッファ利用率(パケット)データ接続のクライアント側バッファの利用率(現在のパケット/最大パケット)を返します。詳細
接続状況データ接続のステータスとエラーコードを含むクラスタを返します。接続の状態は、InvalidUnconnectedConnectionActiveConnectionIdleConnectionError、またはConnectingになります。ステータスがConnectionErrorの場合、プロパティはエラーコードも返します。詳細
URLデータ接続用のURLを返します。詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった