ライブラリプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

プロジェクト項目から継承されます。 クラス階層を参照してください。

これらのプロパティは、LabVIEWプロジェクトライブラリの設定に使用します。

プロパティ説明
アラームイベント:データベースコンピュータアラームとイベントのデータベースを保存するコンピュータの名前を指定します。 詳細
アラームイベント:データベースパスシェア変数エンジンがアラームおよびイベントを記録するデータベースのファイルパスを指定します。 詳細
アラームイベント:データベース名シェア変数エンジンがアラームおよびイベントを記録するデータベースの名前を指定します。 詳細
アラームイベント:データログデータベース使用アラームとイベントのデータベースを、データをログするデータベースと同じにします。TRUEの場合、LabVIEWはアラームイベントデータベースで設定されたプロパティを無視します。 詳細
アラームイベント:有効TRUEの場合、アラームとイベントのログ機能を有効にします。 詳細
コンパイルコードを含むコンパイルオブジェクトキャッシュにライブラリを保存するかどうかを設定または返します。 詳細
データロギング:データベースコンピュータデータベースを保存するコンピュータ名を指定します。 詳細
データロギング:データベースパスシェア変数エンジンがデータを記録するデータベースのファイルパスを指定します。 詳細
データロギング:データベース名シェア変数エンジンがデータを記録するデータベースの名前を指定します。 詳細
データロギング:寿命データベースのログデータの寿命(日数)を設定します。値が0の場合、データは常に使用できます。それ以外の数値の場合、データベースはその数値の日数経過後に破棄される場合があります。 詳細
データロギング:有効TRUEの場合、データのログ機能が有効になります。 詳細
バージョンLabVIEWプロジェクトライブラリのバージョンです。 詳細
パックライブラリにある?ライブラリがパックプロジェクトライブラリに含まれる場合TRUEを返します。 詳細
フレンドこのライブラリのフレンドの修飾名を含んだ文字列の一覧を返します。 詳細
プロセス:ステート保存の周期変数エンジンの周期(分)で処理状態を保存します。 詳細
ヘルプ:ドキュメントタグLabVIEWプロジェクトライブラリがリンクされているヘルプファイルにあるトピックの指標キーワードまたはHTMLファイル名です。 詳細
ヘルプ:ドキュメントパスLabVIEWプロジェクトライブラリがリンクされたHTMLファイル (.htmまたは.html) またはコンパイルされたヘルプファイル (.chmまたは.hlp) へのパスあるいはシンボリックパスです。 詳細
ローカライズされた名前項目のローカライズされた名前です。 詳細
修飾名ライブラリの修飾名を返します。 詳細
所有アプリケーションこのライブラリを所有するアプリケーションインスタンスへのリファレンスを返します。後で必ずこのリファレンスを閉じてください。 詳細
署名ライブラリのMD5ハッシュを返します。ライブラリが変更すると、この値は変更されます。 詳細
説明詳細ヘルプウィンドウに関するLabVIEWプロジェクトライブラリの説明を指定します。 詳細
名前ライブラリの名前を返します。ライブラリがディスクに保存されていない場合、このプロパティは書き込み可能で、名前を変更できます。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった