ロック状態:設定メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: Set Lock State

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: ライブラリメソッド

使用方法: メソッドを作成する

LabVIEWプロジェクトライブラリの編集許可のレベル(パスワードなど)を設定します。

このメソッドは、プロジェクトライブラリプロパティ保護ページに似ています。

メモ  LabVIEW Datalogging and Supervisory Control(データロギング/監視制御)モジュールは、ランタイムエンジンでこのメソッドをサポートします。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
ロック状態ありプロジェクトライブラリの編集権限のレベルを指定します。

0invalid lock state
1Not locked―ユーザはプロジェクトライブラリが所有するパブリックおよびプライベート項目を表示したり、プロジェクトライブラリとそのプロパティを編集することができます。
2Locked (no password)―ユーザはプロジェクトライブラリからの項目の追加または削除、プロジェクトライブラリプロパティの編集、またはプロジェクトライブラリが所有するプライベート項目の表示を行うことはできません。
3Password-protected―ユーザはプロジェクトライブラリからの項目の追加または削除、プロジェクトライブラリプロパティの編集、またはプロジェクトライブラリが所有するプライベート項目の表示を行うことはできません。プロジェクトライブラリを編集するには、ユーザがパスワードを入力する必要があります。
対話式いいえプロジェクトライブラリでパスワードを使用する方法を指定します。デフォルトはFALSEで、パスワードを使用してパスワードで保護されたプロジェクトライブラリをロック解除する、または保護されていないプロジェクトライブラリのパスワードを設定することができます。対話式をTRUEに設定すると、LabVIEWはパスワードは無視し、ロック状態を変更するかどうかを尋ねるプロンプトが表示します。
パスワードいいえパスワードの保護を追加するプロジェクトライブラリに設定するパスワード、またはパスワードで保護されたプロジェクトライブラリをロック解除するのに使用するパスワードを指定します。
キャッシュに保存いいえパスワードで指定したパスワードをキャッシュするかどうかを指定します。デフォルトはFALSEで、パスワードをLabVIEWパスワードキャッシュに追加しません。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ戻り値なし
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能いいえ
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった