ソーススコープ:設定メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: Set Source Scope

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: ライブラリメソッド

使用方法: メソッドを作成する

LabVIEWプロジェクトライブラリがパブリックまたはプライベートとして所有する項目のスコープへのアクセスを設定します。

このメソッドはプロジェクトライブラリプロパティダイアログボックスの項目設定ページにあるアクセス範囲ボックスに似ています。

メモ  LabVIEW Datalogging and Supervisory Control(データロギング/監視制御)モジュールは、ランタイムエンジンでこのメソッドをサポートします。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
ソースrefありアクセスを設定または取得するプロジェクトライブラリの項目へのリファレンスが含まれます。
スコープあり項目をアクセス設定を指定します。
  • invalid scope―項目が無効な値です。項目は、読み取り関数がエラーを受け取ると表示され、この項目を書き込み関数に渡すとエラーを発生させます。
  • public―ユーザがプロジェクトライブラリを表示すると項目が表示されます。パブリックVIは、他のVIやアプリケーションから呼び出すことができます。
  • private―プロジェクトライブラリをロックすると、ユーザがプロジェクトライブラリまたはパレットを参照する際、項目は表示されません。また、プロジェクトライブラリが所有しないその他のVIおよびアプリケーションからプライベートVIは呼び出せません。
  • protected―項目は同じクラスまたは派生クラスの他のVIに対して表示されます。
  • community―ユーザがプロジェクトライブラリを表示すると項目が表示されます。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ戻り値なし
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能いいえ
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった