LVクラスプロパティ定義フォルダプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス階層を参照してください。

プロパティ説明
ソートキーLabVIEWクラスプロパティ定義フォルダの並べ替え順序を取得または設定します。プロパティは、通常長い名前によってソートされますが、このプロパティを使用してLabVIEWクラスプロパティの順序を変更できます。0以上のソートキーが指定されたプロパティは、ソートキーに従って昇順でソートされます。同じソートキーが指定された複数のプロパティは、長い名前の順でソートされます。ソートキー-1が指定されたプロパティは、プロパティリストの最後に長い名前の順で配置されます。デフォルトのソートキーは-1です。 負ではない数のソートキーを設定したプロパティは、プロパティリストの冒頭に移動し、その他のプロパティに変更はありません。ソートキー-1を設定したプロパティは、他の通常どおりソートされたプロパティの間に通常どおりソートされます。 プロパティは常にクラス内でソートされます。 詳細
固有のデータ名プロパティの固有のデータ名を返します。その後、このデータ名をプロパティを設定メソッドで使用できます。データ名はローカライズされませんが、クラスの作成者が名前を変更する場合があります。 詳細
短い名前プロパティの短い名前を返します。短い名前は、プロパティノードにデフォルトで表示される名前です。 詳細
長い名前プロパティの長い名前を返します。長い名前を表示することを選択すると、プロパティノードに長い名前が表示されます。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった