ペーンメソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

一般»Gオブジェクトから継承されます。 クラス階層を参照してください。

これらのメソッドで使用するリファレンスを作成するには、ペーン内のスクロールバーを右クリックしてショートカットメニューから作成→リファレンスを選択します。

メソッド説明
オブジェクトをグループ化ペーンオブジェクトをまとめてグループ化します。オブジェクトパラメータが配線されてない場合、メソッドは現在選択されたオブジェクトをグループ化します。すべてのオブジェクトが同じペーンにない場合は、エラーが発生します。このメソッドが実行された後に、パネル選択リストにグループ化されたオブジェクトが表示されます。 詳細
オブジェクトをグループ解除パネルオブジェクトのグループを解除します。オブジェクトパラメータが配線されていない場合、現在選択されたオブジェクトのグループが解除されます。 詳細
オブジェクトをロックパネルオブジェクトをロックします。オブジェクトパラメータが配線されていない場合、現在選択されたオブジェクトがロックされます。このメソッドが実行された後に、パネル選択リストにロックされたオブジェクトが表示されます。 詳細
オブジェクトをロック解除オブジェクトをロック解除します。オブジェクトパラメータが配線されていない場合、現在選択されたオブジェクトがロック解除されます。複数のロックされたオブジェクトを選択または配線してロック解除します。 詳細
スケールモードを取得ペーンのスケールモードを取得します。 詳細
スケールモードを設定ペーン内のオブジェクトにスケールモードを設定します。 詳細
すべて選択ペーン内のすべてのオブジェクトを選択します。 詳細
パネルをペーン座標に変換フロントパネル座標の入力ポイントを、ローカルペーンの座標に出力ポイントとして変換します。 詳細
ペーンをパネル座標に変換ローカルペーン座標の入力ポイントを、フロントパネルの座標に出力ポイントとして変換します。 詳細
空き領域を作成指定された位置の外にオブジェクトを移動して、ペーン内に空き領域を作成します。 詳細
選択範囲を貼り付けペーン内の指定した座標でクリップボードの内容を貼り付けます。ペーンが配線されていない場合、デフォルトのペーンは左上のペーンになります。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった