スケールモードを設定メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

短い名前: Set Scaling

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: ペーンメソッド

使用方法: メソッドを作成する

ペーン内のオブジェクトにスケールモードを設定します。

Scale Single Objectを選択した場合、ペーンが所有するフロントパネル制御器または表示器への有効なリファレンスをスケール可能オブジェクトに配線する必要があります。それ以外の場合、LabVIEWはエラーを返します。

パラメータ

データタイプ名前必須説明
スケールモードありスケールモードを示します。

0No Scaling―オブジェクトはペーンのサイズ変更時にサイズ変更を行いません。
1Scale All Objects―すべてのオブジェクトはペーンのサイズ変更時にサイズ変更します。
2Scale Single Object―単一のオブジェクトはペーンのサイズ変更時にサイズ変更します。
スケール可能なオブジェクトいいえスケールの対象となるオブジェクトへのリファレンス。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ戻り値なし
ランタイムエンジンで使用可能あり (読み取り/書き込み)
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードあり
使用前に認証が必要あり
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった