プロジェクトメソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス階層を参照してください。

メソッド説明
ウィンドウを開くプロジェクトエクスプローラウィンドウを表示します。 詳細
ウィンドウを閉じるプロジェクトエクスプローラウィンドウのみを閉じます。このメソッドはVIのウィンドウを閉じません。 詳細
コピーを保存リファレンスされたVIがすべて同じ位置にある、ディスク上の新しい位置にプロジェクトのコピーを保存します。 詳細
ローカルプロジェクト設定:セクションが存在ローカルプロジェクト設定ファイルにセクションがあるかどうかを決定します。 詳細
ローカルプロジェクト設定:セクションを削除ローカルプロジェクト設定ファイルからセクション全体を削除します。 詳細
ローカルプロジェクト設定:項目が存在ローカルプロジェクト設定ファイルに項目があるかどうかを決定します。 詳細
ローカルプロジェクト設定:項目を削除ローカルプロジェクト設定ファイルから項目を削除します。 詳細
ローカルプロジェクト設定:項目を取得ローカルプロジェクト設定ファイルから項目を取得します。 詳細
ローカルプロジェクト設定:項目を設定ローカルプロジェクト設定ファイルで項目を設定します。 詳細
旧バージョン用に保存LabVIEWバージョン8.0以降で読み取り可能なLabVIEWプロジェクトのコピーを保存します。このメソッドは旧バージョン用に保存ダイアログボックスのLabVIEWバージョンの選択肢に似ています。 詳細
項目をデプロイLabVIEWプロジェクト内の項目の配列をデプロイします。 詳細
項目をデプロイ解除項目の配列と依存項目をデプロイ解除します。 詳細
自動更新フォルダを更新このプロジェクトのすべての自動更新フォルダを強制し、その内容がディスクに一致するように更新します。 詳細
閉じるLabVIEWプロジェクトと、プロジェクト内にある項目へのリファレンスをすべて閉じます。このメソッドは、プロジェクトエクスプローラが開いている状態で、プロジェクトに所有されているアプリケーションインスタンス内で開くVIが閉じている場合、プロジェクトエクスプローラウィンドウも閉じます。ファイル→すべて閉じるを選択し、プロジェクトとプロジェクトエクスプローラウィンドウを閉じることもできます。 詳細
別名で保存LabVIEWプロジェクトを別名で、または別の場所に保存できます。また、このメソッドにより保存操作でプロジェクトの全内容を新規の位置に保存することが可能になります。データをコピーする項目に配線しない場合、LabVIEWは新しい位置にすべてをコピーします。それ以外の場合、LabVIEWは指定した項目だけをコピーします。 詳細
変数ダイアログを参照変数の参照を可能にして選択する変数にリファレンスを返すダイアログボックスを表示します。 詳細
保存LabVIEWプロジェクトを前回の保存先パスまたはロード元のパス、または特定のパスに保存します。 詳細


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった