項目を追加メソッド



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: AddItem

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: プロジェクト項目メソッド

使用方法: メソッドを作成する

指定されたタイプの新規プロジェクト項目を、参照項目が親になるようにLabVIEWプロジェクトに追加します。プロジェクトエクスプローラウィンドウを使用してプロジェクトに項目を追加することもできます。

このメソッドは、現在の項目の下に指定されたタイプを作成できない場合にエラーを返します。また、このメソッドは、プロジェクト内で開いていないライブラリへシェア変数を追加しようとすると、エラーを返します。

メモ  LabVIEW Datalogging and Supervisory Control(データロギング/監視制御)モジュールは、ランタイムエンジンでこのメソッドをサポートします。

サンプル

パラメータ

データタイプ名前必須説明
名前あり追加するプロジェクト項目の名前。
パスあり追加するプロジェクト項目へのパス。
タイプありプロジェクト項目のタイプを指定します。 以下の値は、最も一般的なタイプの値です。
  • VI
  • Folder
  • Library
  • XControl
  • EXE
  • DLL
  • Source Distribution
  • Installer
  • Zip File
  • Hyperlink
上記にリストされた値の一部は、特定のLabVIEW開発システム上でのみサポートされます。LabVIEW開発システムの詳細については、ni.com/jp/labviewを参照してください。

上記にリストされていないプロジェクト項目のタイプの値を決定するには、タイプ文字列プロパティを使用して項目のタイプをプログラム的に返します。

備考欄

次の表はこのメソッドの特性を記載しています。

データタイプ
ランタイムエンジンで使用可能いいえ
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能いいえ
VI実行中に設定可能いいえ
フロントパネルをメモリにロードいいえ
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり

サンプル

項目を追加メソッドの使用サンプルは、labview\examples\Application Control\VI Server\Manipulating ProjectsディレクトリにあるAdd Files to Project VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった