トグルキーバインディングプロパティ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

短い名前: ToggleKeyBind

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: ブールプロパティ

使用方法: プロパティを作成する

この制御器のトグルスイッチを切り替えるショートカットキーを設定します。

このプロパティはブールプロパティダイアログボックスのキー操作ページにあるトグルオプションに似ています。

要素

名前 説明
フォーカス TRUEの場合、ショートカットキーはこの制御器のトグルを切り替えて移動します。
Ctrl TRUEの場合、キーボードショートカットには<Ctrl>キーが含まれます。
Shift TRUEの場合、キーボードショートカットには<Shift>キーが含まれます。
キー ショートカットキーの名前です。(Mac OS X) LabVIEWは、Mac OS Xのショートカットキー<VolumeUp>と<VolumeDown>、ファンクションキー<F15>~<F24>をサポートしていません。キーは、以下のいずれかの値と一致する必要があります。
  • <Clear>
  • <Ins>
  • <Del>
  • <Home>
  • <End>
  • <PageUp>
  • <PageDown>
  • <Escape>
  • <Enter>
    メモ  英数字キーボード上の<Enter>キーと数値キーパッド上の <Enter>キーは同じ値です。
  • <Play>
  • <VolumeUp>
  • <VolumeDown>
  • <Mute>
  • F1
  • F2
  • F3
  • F4
  • F5
  • F6
  • F7
  • F8
  • F9
  • F10
  • F11
  • F12
  • F13
  • F14
  • F15
  • F16
  • F17
  • F18
  • F19
  • F20
  • F21
  • F22
  • F23
  • F24
メモ  英語のキー名を使用して、ショートカットキーの値を配線する必要があります。

備考欄

次の表はこのプロパティの特性を示しています。

データタイプ
権限読み取り/書き込み
ランタイムエンジンで使用可能あり
リアルタイムオペレーティングシステムで利用可能あり
VI実行中に設定可能あり
フロントパネルをメモリにロードあり
使用前に認証が必要いいえ
ブロックダイアグラムをメモリにロードいいえ
リモートアクセス可能あり


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった