ダブルクリックイベント



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

クラス: ツリー制御器イベント

タイプ: 通知

ツリー制御器の項目をダブルクリックすると生成されます。

また、ダブルクリックメソッドを使用すると、ダブルクリックする最後の項目のタグを取得することができます。

イベントデータフィールド

名前説明
ソースイベントのソース。LabVIEWのユーザインタフェースは標準のユーザインタフェースイベントを参照します。

0LabVIEW UI
タイプマウスダウン、値変更、タイムアウトなど、発生したイベントのタイプ。
時間イベントが発生した際のミリ秒タイマの値。
時間イベントが発生した際のミリ秒タイマの値。
制御器Refイベントが発生した制御器のリファレンス。
ボタンクリックしたボタンに応じた値。左のボタンは1、右ボタンは2です。2以上のボタンのあるマウスの場合、オペレーティングシステムはより大きい番号を割り当てる場合があります。フィルタイベントでは、このイベントデータフィールドから返されたデータを修正することもできます。
修正子プラットフォーム非依存修正子を含むブール値のクラスタ。LabVIEWは、すべてのプラットフォーム依存修正子をプラットフォーム修正子イベントデータフィールドに返します。キーイベントでは、このイベントはその数値キーでイベントが発生したかどうかを示すブール値を返します。マウスイベントでは、このイベントはイベントがダブルクリックであったかどうかを示すブール値を返します。両方のイベントでは、イベントが発生した際、Windowsの場合は<Ctrl>、Mac OS Xの場合は<Option>など、プラットフォームに依存しないメニューキーが押された場合、ブール値が返されます。フィルタイベントでは、このイベントデータフィールドから返されたデータを修正することもできます。
プラットフォーム修正子プラットフォーム依存修正子を含むブール値のクラスタ。イベントが発生した際、<Ctrl>、<Shift>、<Alt>、<Command>、<Option>などのプラットフォーム依存キーが押されていたかどうかを指定します。フィルタイベントでは、このイベントデータフィールドから返されたデータを修正することもできます。キーはModおよびPlatModの両方を使用することができます。たとえば、<Ctrl>はWindowsでプラットフォームに依存しないメニューキーですが、プラットフォームに依存するプログラミングに使用することも可能です。
タグイベントが発生した項目の固有のタグ。
セル部分ユーザがダブルクリックしたセル部分に対応する値。

0Text—任意の項目、行ヘッダ、または列ヘッダのテキスト。
1Background—テキストとセル枠の間の領域。セルにはテキストが表示されるので、ユーザはセルのこの部分にはアクセスできません。
2Item Symbol—項目のシンボル
3Open/Close Symbol—項目に子項目がある場合にその項目の左側に表示されるシンボル。
4Hierarchy Lines—項目の左側にその階層を囲むように表示される水平および垂直のライン。
5Right Border—行ヘッダおよび列ヘッダの右側の境界。
6Bottom Border—行ヘッダおよび列ヘッダの下側の境界。
7Bottom Right Corner—行ヘッダおよび列ヘッダの右下端の境界。
8Unknown Part―制御器の別の部分と対応しない任意の場所。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった